離型フィルムとは?

離型フィルムとは?

離型フィルムとは、フィルムにシリコンコーティングし、離型性を持たせたフィルムのことです。基材にはPETフィルムを使用し、片面や両面に離型性をもたせることが可能です。樹脂成型のプレスなどで使用されたり、セパレートフィルムとして使用されたりします。

「離型」という言葉に馴染みのない方も多いと思いますが、 例えば、プラスチックの成型品を製造する場合、成型品が 金型にくっつかないように、金型内面に潤滑剤やロウ、 ワックス状のものを塗布します。こうしたものを「離型剤」と呼びます。

「離型フィルム」は文字のごとく、フィルムに離型剤を塗布したもので、 身近なイメージだと、のりや接着剤のついた部分にくっついている フィルムが挙げられます。フィルムを剥がすを接着面が現れるという、 あのフィルムが「離型フィルム」のイメージです。

もちろん、離型フィルムにも種類がたくさんあり、性質や 離型性などによって商品が異なります。

「商品と金型がくっついていて困る」「プレスした際に付着する」 などのお困りがございましたら、離型フィルムで解決できるかも しれませんよ。

離型フィルム製品のご紹介

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP