”脱炭素”がポリ袋に与える影響

HOME > メルマガバックナンバー > ”脱炭素”がポリ袋に与える影響

現在の読者数・18,162件

”脱炭素”がポリ袋に与える影響

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

近年、「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」
(サスティナブル Sustainable)を目指す活動が
重視されています。

その一環として、温室効果ガス抑制のために
二酸化炭素排出を減らし「脱炭素社会」を
目指す志向も盛んになってきました。

その世界的な潮流により各国が脱炭素を進める中、

「長い目で見れば原油を含む
化石燃料への需要は落ちていく」

と予想されています。

将来需要がなくなるのであれば、
原油の価格は安くなるような気も
するのですが、

実際のところは、2021年は、年末まで
日に日に原油価格は値上がりしていました。

・今のうちにできるだけ高い価格を維持して
収益を上げておきたいと産油国が考えている

・需要減少を見越して投資を減らしているから、
原油供給量が増えないので高騰する

など、いくつかの要因がありそうですが、
日本のように自前の油田を持たず、
原油を輸入して商品を作っている国では
石油製品がコスト高になる懸念があります。

ポリ袋も、石油を原料としている製品ですので、
こうした原油高の影響は不可避です。

実際に2021年11月以降は原材料の慌ただしい
高騰に、製品値上げが追い付いていません。

この流れが2022年にどのようになっていくのか、
注目しています。

お問い合わせはこちらへどうぞ

フィリピンの台風について

2021年12月16日にフィリピンに台風が
直撃しました。

数百人の死者が出たほか、非難している
方々の数は30万人とも言われています。

特に中南部の島の被害が非常に大きいのですが、
弊社の事業所がある、北部のルソン島は
ほとんど影響を受けておりません。

お問い合わせはこちら

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー

「淀川」について

河口から最も遠い地点は滋賀県・福井県の
分水嶺である栃ノ木峠

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら

▼編集後記

2022年が始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年、本社駐車場のアスファルト工事を
行い、中央部から傾斜を付けたので、
融雪ホースが効率よく使えるように
なりました。

除雪の苦労が軽減されます。
今年は長期天気予報では
「積雪量が多い」と
予想されているので心配しています。

ご意見お待ちしています

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP