雨対策のポリ袋、ビニール袋

HOME > メルマガバックナンバー > 雨対策のポリ袋、ビニール袋

現在の読者数・18,168人
ご愛読ありがとうございます!

雨対策のポリ袋、ビニール袋

今年の8月は本当に雨が続きますね。

特に西日本については、大きな災害も
発生しており、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い復興が望まれます。

さて、こうした長雨が続いた時には、
急にお問い合わせが増える製品があります。

ひとつは、「大型ポリ袋(角底ポリ袋)」です。
パレット積みした製品の雨除けや、
ライン途中でやむを得ず屋外保管しなければ
ならない仕掛品などの雨除け、保護に利用されます。

当社は様々なサイズの大きいポリ袋を
在庫していることもあり、長雨時には
お問い合わせを多くいただいております。

※ちなみに、通年ご使用される場合など、
利用頻度が高い場合にはオーダーメイドを
お勧めします(価格が安くなります)。

大型カバー(角底袋)はこちら

こんなサイズもあります

もうひとつは「防錆ポリ袋」です。

雨が続くとなると、金属製品が
錆びやすくなり、こうした金属製品の
品質管理上、大きな問題になる場合が
増えてきます。

そんな場面で、多くの問い合わせを
頂くのが「防錆フィルム、防錆ポリ袋」です。

小さな金属部品(鉄や銅など種類多数)は
ポリ袋に入れておくだけで、

大きな金属製品なら、幅広の防錆フィルムを
上から掛けておくだけで、

防錆油同様の防錆効果が得られます。

※ただし、素材によって防錆効果に差異が
ございますので、サンプルなどで
事前にテストをお願いしております。

詳しくはこちら

フィリピン事業所の現在

日本同様、デルタ株の感染が広まっています。
外食は禁止され、公共交通機関も多くが
規制され、非常に不便な状況になっています。

そんな中でも製造業については、
比較的規制が少ないこともあり、
当社の稼働状況については
通常通りの状況が確保できています。

ただ、もともと観光産業くらいしか
外貨獲得ができない国である現実から、
こうしたロックダウン政策の
反動は、この先相当大きなものになって
いるのではないかと心配になります。

お問い合わせはこちら

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー

「ビートたけし(漫才師)」について

漫才ブームの頃は、三宅一生の服を愛用していた

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら 

▼編集後記

越前市のワクチン接種を二回受けてきました。

これでようやく自由にできるなと
思ったとたん、福井県だけでなく、
全国でデルタ株蔓延・・・

飲食店の時間短縮要請は、
気が滅入りますね・・・

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP