猛暑下でのポリ袋管理について

HOME > メルマガバックナンバー > 猛暑下でのポリ袋管理について

現在の読者数・16,648人

猛暑下でのポリ袋管理について

連日35度を超えるような暑さが続きます。

ポリ袋やビニール袋は暑さには
あまり強くないため、保管状況にも
注意が必要になります。

一般的な低密度ポリエチレンの
融点は100度程度ですが、
実際にはもっと低い、約80度
程度から変形、変質します。

また、80度に達しなくとも、
直射日光を浴び続けると
変形します。

特に猛暑下で屋外放置ともなると、
変形したり、フィルムの強度が
低下するなど、品質が低下します。

ポリ袋などのフィルム製品は
直射日光や高温を避け、
屋内で保管してください。

お問い合わせはこちらへどうぞ

夏季休業について

2022年の夏季休業は、
8月15日となります。

8月11日 祝日(休業)
8月12日 営業
8月13日 土曜(休業)
8月14日 日曜(休業)
8月15日 休業日

お問い合わせはこちら

◇「いつか使える」情報のコーナー

「蚊」について

カによって媒介される病気による
死者は1年間に75万人にもおよび、
2位の人間(47万5000人)を抑えて
「地球上でもっとも人類を殺害する生物」
となっている

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら

▼編集後記

現在、当社フィリピン事業所にいます。

南国フィリピンは、暑い国という
イメージがあるのですが、
8月のフィリピンは雨季ということもあり、
日本よりも涼しいです。

ご意見お待ちしています

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP