高密度ポリエチレン(HDPE)とは

高密度ポリエチレン(HDPE)とは?

高圧重合法によって製造する低密度ポリエチレンとは異なり、 高密度ポリエチレン(High Density Polyethylene,通称「HDPE」)は 中圧法または低圧法により重合されるため、別名「中低圧法ポリエチレン」とも呼ばれます。 HDPEは1965年にアメリカで開発されました。

特徴

  • 半透明
  • 引っ張り強さに優れる
  • フィルムが硬く、コシがある
  • 耐熱性に優れる
  • 耐寒性がある
  • 薄いフィルムが製造できる

同じポリエチレンでも、低密度ポリエチレンと比較すると物性が異なります。 軟化温度は120℃、融点は150℃ですので、低密度ポリエチレンと比較すると、 高温に耐える特性があります。

また、引っ張り強さ、フィルムの腰の強さがあり、薄手でも強度が得られます。 開口性にも優れているため、スーパーやコンビニなど小売店のレジ袋として使用されています。 防湿性、バリヤ性も低密度ポリエチレンの2倍ほどの能力があります。

HDPE製品のご紹介

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP