「ポリ袋」と「ビニール袋」の違いは?

ポリ袋?ビニール袋?どう違うの??

一般的には、「ポリ袋」と「ビニール袋」は、ほぼ同じ意味で使用されることが多いようです。

厳密に言えば、「ビニール」とは塩化ビニール樹脂のフィルムのことを指すのですが、現在では塩化ビニールの袋は、あまり使用されていません。一般的に言われる「ビニール袋」は実はほとんどビニール製ではなく、ポリエチレンやポリプロピレン製です。従いまして、「ポリ袋」の呼称のほうが正確な名前に近いわけです。

polybag.jpg

例えばレジで使用されるレジ袋や、ブティックなどのショップ、小売店で使用されているような袋などは、ほとんどが「ポリエチレンフィルム」が使用されています。

また、什器に吊り下げられているヘッダー付袋や、ダイレクトメールに使用される透明のテープ付袋、食品用の袋などには「ポリプロピレンフィルム」が使用されています。

対して、塩化ビニール製のフィルムは、水着を入れるような透明の厚手の袋や、透明のテーブルクロスなどに使用されています。

なぜ今でも「ビニール袋」と呼ぶの??

「ビニール袋」のほうが「ポリ袋」よりも歴史が長いため、今でも「ビニール袋」と呼ぶ場合が多いというのが通説です。

使う立場になると、呼び名はどっちでもいい、というのが正直なところかもしれませんが、業界に関わる者としては、ちゃんと区別しています。

ビニール袋とダイオキシン

以前、ダイオキシン問題で世の中が騒然となった時期に、「ビニール袋を燃やすとダイオキシンが過剰に発生する」という説が流れましたが、ポリ袋を燃焼させてもダイオキシンは発生しません。塩化ビニールについても以前は「燃焼時のダイオキシン発生説」がありましたが、現在ではほとんど関係がないということが知られています。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP