フィルムと接触しても傷がつきにくいポリ袋

接触しても傷がつきにくいポリ袋とは?

繊細な部品を包装する際に…。以下、某大手電子部品会社のご担当者様の談話です。

タッチパネルの部品を包装する際に、普通のポリ袋に包装していたところ、部品に細かな傷がつくことが判明しました。顕微鏡で調べてみたところ、フィルムの表面の凹凸や細かな粉状のもの(添加剤)と部品とが接触したり、こすれたりと部品に傷が入ることが判明したんです。このままでは包装すること自体ができないため、インターネットで情報を集めていたところ、「包装技術ねっと」のホームページに辿り着きました。

ウエブサイトには・・・

「フィルムには微量の添加剤が含まれており、これが、内容物を汚染したり、傷の原因になることがある」

と記載されていて、「まさに、うちの場合と同じだ」と感じて、早速eメールでサンプル提供をお願いしました。すると、豊ファインパックから、「お困りの内容はどんなことでしょうか?」という電話がその日のうちに掛かってきて、無添加ポリエチレンの説明を丁寧にしてくれました。

また、「傷の原因が添加剤ならば効果があると思いますが、別の理由だったりして、効果が得られなかったら、また相談してください」といってくれました。

次の日、無添加ポリエチレン袋のサンプルが届いたので、これをテストしてみたところ、傷もなく、良好だということがわかりました。

それ以前に全く取引がなかったので、不安もあったんですが、上司に報告するために、無添加ポリエチレンについての物性データなどを送付してくれるよう要請したところ、翌日すぐに郵送され、すごく真面目な会社なのだということがわかって安心しました。

また、他社が提案してきた商品が、非常に口開きが悪く、現場の梱包作業担当者からは「使いにくい」という文句があったが、豊ファインパックの無添加ポリ袋は口開きがいいため、包装が素早くでき、一日の包装数が増えました。

「無添加ポリエチレン」は「添加剤を使わないから、中身に傷がつきにくい」特性があります。

今回ご購入頂いた製品

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP