金型の保管の保護包装に使用される防錆ポリ袋

微細な製品用の金型を防錆保護包装で保管

弊社の防錆袋は、袋に入れているだけで金属に生じる錆を防止するという性質を持っていますが、近頃は、この袋を金型の保存用に使用されるケースが増えてきました。

あれ?でも、金型自体はず~っと前からありましたよね?では、どうして急に防錆袋での保存が増えてきたんでしょう??

実は・・・・・・それには時代の変化が大きく影響しているんです!!

ものづくりの変化とともに・・・

日本のものづくりがどんどん進化していく過程で、各種金型もどんどん進化し、微細な部分までかなりの精度を求められるようになりました。短小軽薄を極めようとした現在の流れですね。その結果、金型の凹凸も非常に細かくなりました。あまりに細かくなったため、錆の発生がNGなのはもちろん、防錆脂を塗布することすら、悪影響を及ぼすことになってしまったんですね。

そんな場合には、手軽に防錆脂以上の効果を得られる、弊社の防錆ポリ袋やポリシーとが保管に役立つんです。まだまだ金型の保管方法としては、あまり知られていない保護包装方法です。

なお、この商品については、弊社へのお問い合わせは、資材の担当者の方よりも、技術系の担当者様からのお問い合わせのほうが多いんです。実際に使用される現場担当者様や技術開発、生産技術担当者さんの具体的なお悩みについてご相談いただいております。

金型防錆に役立つ防錆保護包装資材

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP