コロナ禍でよく売れているポリ袋

現在の読者数・20,490人
ご愛読ありがとうございます!
ついに2万人を突破しました!

 

コロナ禍でよく売れているポリ袋

新型コロナウイルス感染が拡大化して以来、
様々な制限が出来てきました。

包装資材業界では、液体用のキャップ付き袋が
次亜塩素酸水用の容器代わりに猛烈な
勢いで売れ始め、弊社でもやむを得ず、
新規のお客様をお断わりし、従来から
ご購入を続けて頂いているお客様を
優先して販売することにより、品切れを
防ぎ、安定的な供給を致しました。

また、キャップ付き袋の次は、
液体用のスタンディングパウチが
売れ出しました。

これは日本中で、多くの外食店の
テイクアウトが始まり、
スープやソース、カレーなどの
テイクアウトにご利用頂いています。

さらにその後は、ポリエチレンのシートや
塩ビシートが、オフィスやサービス業の
現場の間仕切り用として多くご注文頂きました。

また、大型の角底ポリ袋は、飛沫付着の
防止目的で、カバーとしてのご使用が
増えました。

まだまだ続く、ウイズコロナ時代に、
包装資材の面からもご支援したいと
考えております。

それぞれ、詳しくはお問合せください。

 

フィリピン・マニラ封鎖の影響について(10)

地区により都市封鎖の度合いを変えている
フィリピンですが、全人口の30%が
住んでいるマニラ周辺(マニラ首都圏)では、
一向に感染拡大が収まらず、緩和していた
都市封鎖度合いを8月3日から一段階、
厳しくすることになりました。

この結果、交通機関の制限が大変厳しくなり、
一般庶民は移動自体が難しくなっています。

また、外食産業も席数の制限や
営業時間の限定など、制限が厳しく
なっています。

当社の場合は、会社の車でスタッフを
送迎することで、時間のロスは
あるものの、生産を継続しています。

 

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー


「麻雀」について

日本人で初めて麻雀に言及したのはおそらく夏目漱石

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/

 


▼編集後記


例年、8月には多くの県外客が
福井県内の海水浴場を訪れます。

しかし、今年は、多くの海水浴場が
閉じられています。

地域の経済的なダメージが
どんどん深刻になっていきますね。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP