導電ペール(くず入れ)用ゴミ袋

現在の読者数・19,868人
ご愛読ありがとうございます!

導電ペール(くず入れ)用ゴミ袋

従来から、静電気による発火防止のために、 帯電防止ゴミ袋をご利用いただいている H社様から、新たなご要望を頂きました。

それは、さらに静電気対策を行うために、
導電ゴミ箱(くず入れ)用の袋を使用し、
アースとして使用したいとのことでした。

そこで採用いただいたのが導電ポリ袋です。

もともとは静電気対策として、
電子部品やクリーンルーム製品の
包装用に使用されることが多い製品ですが、

近年はアース対策として使用されることが
非常に増えてきています。

特に、導電ペールや導電くず入れのような
ゴミ袋の内袋としての利用が増えています。

静電気対策を厳しく行う場面で
活躍する導電ポリ袋をH社様にも
ご利用頂いております。

導電ペール(くず入れ)用ポリ袋はこちら
http://www.finepack.co.jp/product/pe/prd_pe_douden.html

 

フィリピン・マニラ封鎖の影響について


フィリピンはコロナ肺炎対策として、
2020年3月15日以降、マニラ首都圏が
封鎖されることになりました。

具体医的には、

・夜間(20時-翌朝5時)の外出禁止
・マニラ首都圏外からの移動の禁止、外国人の入国制限
・スーパーマーケットやドラッグストアなど一部の販売店を除く、販売店の休業、
・レストランやショッピングモールの休業

など、具体的な期間は未定のまま、実施されています。

現時点で、今後がどのようになるのかは
わからないことが多いのですが、
現地の日系企業の情報によると、

・製造業は休業しない
・物流関係者は検問などがされない
・域外で勤務しているものは出入りできる

というようなことになっている模様で、
もしそうであれば、極端な影響は
なさそうに見えます。

しかし、まだ始まったばかりですので、
今後もウイルスの流行具合により、
様々な変更が加えられそうです。

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー


「三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実〜」
(日本のドキュメンタリー映画)について

1969年5月13日に東京大学駒場キャンパスで
行われた、三島由紀夫と東大全共闘の討論会に
ついてのドキュメンタリー。

東出昌大がナビゲーターを務める。

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/

▼編集後記

パンデミックが宣言され、
ますます猛威を振るうコロナウイス。

沈静化する様子もなく、
どうやら、人類はこうした
ウイルスと長く付き合って
いくしかないのかもしれません。

もしそうなるのであれば、
日本国内での製造に投資する
企業が増えるという予測も
あるようですね。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP