穴あきポリ袋でキノコの湿度管理

現在の読者数・19,692人
ご愛読ありがとうございます!

穴あきポリ袋でキノコの湿度管理


今回ご紹介するのは、茸の育成と販売を行うL社様の成功事例です。

きのこを培養する鉢については、
湿度や温度の管理のために、ポリ袋を被せて調整するそうです。

しかし、密閉すると鉢には空気が出入りできませんので、
ほどよく空気を流入させる必要があります。

そんなわけで、L社様からは、
ほどよく穴の開いた角底のポリ袋のお問い合わせを頂きました。

サイズ調整や穴の数、位置など、すべてカスタマイズして
きのこの鉢用の穴あけポリ袋をご提供させて頂きました。

今回ご紹介の製品はこちら
http://www.finepack.co.jp/product/polykikaku.index.htm

 

当社の働き方改革について


当社は、

・年間120日の休日(土日祝日など)
・柔軟な有給休暇の取得(長期もあり)
・原則残業なし
・夜間勤務なし

など、すでに働き方改革が進んでおります。

また、随時採用も行っております。

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー


「季語」について

「ラグビー」は、冬の季語(三冬の季語)である

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/


▼編集後記


ラグビーワールドカップが人気です。
今号はもともと10月5日発行なのですが、
手違いで5日に発送されませんでしたので、
10月7日に発送しております。

先日のアイルランド戦に続き、サモアにも勝ったジャパン。

ちなみに、フォワードの選手のジャージは福井県の企業が作っているんですよ。

応援しましょう。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP