MIL対応アルミ袋

現在の読者数・19,688人
ご愛読ありがとうございます!

MIL対応アルミ袋

今回ご紹介するのは、航空部品メーカーのD社様の成功事例です。

D社様では航空機用の部品、パーツ、ユニットなどを製造していらっしゃいますが、
あるユーザー様から、

「MIL対応のアルミ袋で包装してほしい」

という依頼があったそうです。

・・・・・・・・・・
・MIL規格とは

「United States Military Standard」

アメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われる規格を総称したもの

・・・・・・・・・・

そこでご提案したのが、「AS-2」という品番で展開しているアルミ袋です。

この商品は、MIL規格に対応している上、
オーダーメイドの際のサイズ展開がかなり自由が効く特性があります。

それぞれのユニットのサイズに合わせた包装が可能となり、
大変お喜び頂きました。

※最小30×30~最大1060×4000(4000×1060)
まで対応可能ですが、幅×探さの兼ね合いによって対応可否が
異なりますので、詳細につきましてはお問い合わせください。

今回ご紹介の製品はこちら
http://www.finepack.co.jp/product/al/prd_al_as2.html

 

ポリ袋の保管にご注意ください


非常に暑い夏になった2019年ですが、あるお客様から、

「ポリ袋の保管場所の気温が上がったため、ポリ袋の一部が溶けてしまった」

というご連絡を頂きました。

ポリ袋の保管につきましては、直射日光や高温多湿を避け、
室内で保管頂く必要がございますのでご注意ください。

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー


「ガッツ石松(元プロボクサー)」について

勝利が決まった後に両手の握り拳を上へ突き上げる万歳をしたような独特の勝利のポーズをしたことから、
そのポーズが「ガッツポーズ」と名づけられたといわれている。

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/

▼編集後記

異常な高温、集中豪雨に続き、9月には強い台風がやってきて、 日本列島はどこかしら、自然災害が起こっています。

被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

こんなにテクノロジーの進歩した日本でも、
自然災害の前では無力です。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP