EVOH袋で酸化防止コストダウン

現在の読者数・19,302人
ご愛読ありがとうございます!

1) EVOH袋で電子部品の酸化防止

今回ご紹介するのは、 電子部品メーカーのI社様の成功事例です。

I社様の電子部品は、品質保持のために、酸化を防止する必要があり、
かつては、アルミラミネート袋を包装に使用していらっしゃいました。

しかし、アルミ袋には、
「中身が見えない」
「コストが高い」
というデメリットもあり、
別の素材を検討したいとご相談頂きました。

そこでご提案させていただいたのがバリヤフィルム層として、
「EVOH」を採用している酸化防止ポリ袋です。

EVOHとは、
「エチレン・ビニルアルコール共重合体」のことを指し、

一言で表すと、
「ガスバリヤ性」
「保香性」
「透明性」
に優れた樹脂で、その優れた性能は、
自動車のガソリンタンクにまで利用されています。

アルミラミネート袋よりも、安価で、透明という利点があり、
I社様にもご採用頂くことになりました。

詳しくはこちら
ハイバリヤナイロンポリ袋
http://www.finepack.co.jp/product/multilayer/prd_nype_xv.html

 

2) エンボス加工(凹凸のあるフィルム)


新たに、エンボス加工フィルムのページを掲載致しております。

エンボス加工とは、
フィルムの表面に凹凸をつけることを指していますが、

凹凸をつける理由としては、
剥がれやすい(剥がしやすい)という利点を求めたものとなります。

表面に凹凸があることで、
フィルムと包装物との接着面積を減らし、
付着しにくく剥がれやすい、という特性を持たせています。

エンボス加工はこちら
http://www.finepack.co.jp/product/pe/prd_pe_emboss.html

<参考>

この剥がれやすいフィルムのことを「離型フィルム」と呼ぶこともあり、
表面の凹凸をつけたもののほか、離型剤をコーティングした製品もございます。

離型フィルム(コーティング)はこちら
http://www.finepack.co.jp/product/PETfilm.html

 

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー


「狩野英孝(タレント)」について

三拍子でのギャグは、島木譲二の
「しまったしまった島倉千代子」がヒント

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/

▼編集後記

G20が大阪で無事に終了し、 世界的な景況感も回復の兆しが 見えてきたのかもしれません。

メルマガ発行前の7月3日には
NYダウ工業株30種の株価が
最高値を更新しました。

実需を伴う高値だといいのですが・・・

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP