プラスチックごみ削減に役立つポリ袋

平成31年2月5日号 バックナンバー

現在の読者数・19,025人

ご愛読ありがとうございます!

1) プラスチックごみ削減に役立つポリ袋


2018年は、海洋プラスチックごみについてのショッキングな画像が話題になりました。

例えば、ストローが鼻に刺さったウミガメや、漁網を間違って食べて
しまったクジラなどの画像はご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

これらの海洋プラスチックごみですが、実は、日本から排出されたものが少なくないんだそうです。

なんとなく、日本はプラスチックのリサイクルが進んでいるように思えますが、

東日本大震災の津波の影響で海洋に大量にプラスチックごみが流出したようです。

そんなわけですから、日本国内でも、プラスチックごみの削減について、
今後は大きく取り組みが始まることが予想されています。

すでに知られているところですと、衣料品のユニクロが、プラスチック
フィルム製の袋から、紙袋に変更していくことを発表しています。

他の製品でも、こうした流れは続いていくのかもしれません。

ただし、紙製品に変えると言っても、紙製品を製造する際には
それなりに環境負荷がかかることも知られており、なかなか難しい問題です。

そんな最中、プラスチックごみを減量するものとして、

プラスチックボトルの容器に代わり、
近年はスタンドタイプのナイロンポリ袋が活用されるようになってきています。

ボトル製品の液体製品の詰め替え用のほか、
食品などにも使用され、プラスチックごみの削減に活躍しています。

詳しくはこちら
http://www.finepack.co.jp/product/multilayer/prd_nype_stand.html

2) 建国記念の日の休業について

2019年2月11日、建国記念の日ですが、 祝日につき、終日営業をお休みさせて頂きます。

恐れ入りますがよろしくお願い致します。

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー


「華為技術」(中国の通信メーカー)について

ユニークな経営体制である事でも知られており、
CEO3人が『輪番制』を取っていて、半年でどんどんCEOを変えていく

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/


▼編集後記


1月はほとんど雪が降りませんでした。
昨年とはえらい違いです。

気温も高いので、雪が積もりそうな気配は全然ありませんでした。

昨年11月12月はアメリカでも中国でも景況感がすごく悪かったようですが、
年が明けてからは各国の経済刺激策の恩恵を受け、徐々に回復してきているようですね。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP