食品包装の内袋として活躍


平成29年7月5日号 バックナンバー

現在の読者数・17,936人ご愛読ありがとうございます!

食品包装の内袋として活躍

今回ご紹介するのは食品製造メーカーのW社様の成功事例です。

W社様では製造した個包装の食品を段ボールで梱包するのですが、通常、段ボールの内側でいったんポリエチレン袋に包装し、それから段ボールに梱包します。

こうした用途で使われるポリエチレン袋は「内袋」と呼ばれています。

内袋は、汚れが付着することを防止するのはもちろん、段ボールが万が一水濡れしても、製品に悪影響を及ぼさないように、様々な業界で使用されています。

W社様でも、段ボールサイズにピッタリのサイズの内袋を探し求めて、弊社のウエブサイトにお問い合わせを頂きました。

現在では、段ボールの内寸にあったポリエチレン袋を内袋としてご採用頂いています。

今回ご紹介の製品はこちら

夏休みのお知らせ

下記の通り、夏季休業を取らせて頂きます。

平成29年8月10日~8月15日

8月16日から平常営業となります。

ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。


◇「いつか使える」情報のコーナー



「白鵬」(力士)について

2008年4月1日に東京ドームで行われたプロ野球巨人-中日戦の始球式に登板、球速112km/hのストライクをマークしている

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

北陸地方でも猛暑とゲリラ豪雨ですっかり参っています。

気温の高さから、すでに「ゲリラ豪雨というよりは、スコール」という印象になってきました。

熱帯ですね、日本は。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP