食品トレー用のポリ袋

平成29年2月5日号 バックナンバー

現在の読者数・17,665人 ご愛読ありがとうございます!

食品トレー用のポリ袋

今回ご紹介するのは、食品用のプラスチックトレーなどの食品用樹脂容器を製造していらっしゃるY社様の事例をご紹介します。

Y社様では製品のほぼすべてが食品に関わる容器であり、安全管理や品質管理に非常に気を使っていらっしゃいます。

tray.jpg

ポリ袋自体は、トレーを包装する用途ですので、直接食品に接するものではありません。しかしポリ袋に付着した異物が万が一Y社様の製品に転移すると、当然ながらクレームが発生してしまいます。

そこで品質管理レベルを高める取り組みをはじめられたのですが、従来使用していたポリ袋のメーカーからは「そこまでの管理はできない」と断われてしまったそうです。

そこで、食品衛生法にも対応し、フィルム製造は陽圧環境で、異物対策、製袋はクリーンルームで行っている弊社の食品用ポリ袋をご検討いただくことになりました。

MSDS(安全データシート)など、各種必要な書類の提出や、サンプルの確認や製造環境チェックを経て、採用されることになり、現在もご使用が継続しています。

今回ご購入頂いた製品

映画「沈黙」を観てきました

遠藤周作氏の「沈黙」を原作に、マーチンスコセッシ監督が映画化した「沈黙」を観てきました。

弊社はフィリピンに工場を持っておりますが、16世紀~17世紀に植民地化されたフィリピンと、されなかった日本は歴史的にも対照的です。

この映画はちょうど、当時の日本がポルトガルのキリスト教布教をなんとかして阻もうとしたことを描いている映画です。

キリスト教を布教することを「正しいこと」だと考えるポルトガル人司祭と、日本の文化を守り、植民地化を防ぐため、職務を全うしようとする奉行や役人との対立が激しく、2時間以上の長い映画ですが、非常に興味深かったです。

◇「いつか使える」情報のコーナー

「鴨南蛮そば」 について

ネギが「南蛮」と呼ばれるのは、江戸時代に来日した南蛮人がネギを好んで、健康保持のために食べたためといわれる

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

弊社製品の一部の原料を生産しているプラントが故障したため、代替品をご提案しています。当初見込みでは修理にさほど時間がかからないとのことでしたが、想定よりも遅れております。

ご迷惑お掛けしまして申し訳ございません。

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP