セメントの配送に使われる長厚手ビニール袋

平成27年1月5日号 バックナンバー

※1/5現在の読者数・8,755人 いつもご愛読ありがとうございます!

セメントの配送に使われる長厚手ビニール袋

日本の物流は他の国と比較しても、非常に細やかで種類も多く、大変優れていますが、今回ご紹介するT社様の成功事例を知り、とても驚きました。

T社様は、建設資材を販売していらっしゃる企業様ですが、セメントを宅急便で配達するためのビニール袋が欲しいとご依頼いただきました。

今では様々なものが宅急便で配送されていますが、さすがにセメントまで送ってしまうということは予想外です。

とにかく、一番心配なのは、途中でビニール袋が破れてしまうことだ、ということなので、弊社のビニール袋で最も厚手のものをご提案させていただきました。

厚さは0.2ミリ。さすがにこの厚さになりますと、少々のことでは破れません。しかし、中身が重たいものになりますので、シール部分の強度などについても確認していただくことになりました。評価としては「大丈夫そうだ」とのことで、早速お使いいただくことになりました。

「セメントを宅急便で送るって、そんなに頻度が高いんですか?」

とご質問させていただいたところ、通常は直接、店舗に取りにいらっしゃる場合が多いそうなのですが、遠方の場合や急ぎの場合などには宅急便で送ることもあるそうです。

改めて、日本の宅急便は何でも送れるものだ、と驚いた案件でした。

今回ご購入頂いた製品

マニラにローマ法王が来るので5連休!!

1月15日-19日に、フィリピンのマニラにローマ法王がお越しになるそうです。

ここ数年、フィリピンでは台風など自然災害の影響で、たくさんの方々が亡くなっていますが、ローマ法王がわざわざフィリピンに来て、祈りを捧げるそうです。

もともと、フィリピン・ルソン島の人々には敬虔なクリスチャンが多いので、ローマ法王をひと目見たいとばかりに、かなり沢山の人々がマニラに来ると予想されています。

その数なんと400万人から600万人!!

そのせいで、なんと、1月15日から19日まで、マニラは急遽、祝日とすることになったそうです。太っ腹というか、なんというか・・・お国柄ということなんでしょうね。

◇「いつか使える」情報のコーナー

■竹鶴政孝氏(朝の連ドラ「マッサン」のモデル)について

酒量はウイスキー1日1本。ニッカウヰスキーハイニッカを好んで飲んだ。ただし、晩年には3日で2本に減らしたという。

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

2017年が始まりました。アベノミクスの成果が現れる一年になりそうですね。

海外事業にも取り組んでいる弊社としては、円安が続くことには反対なのですが、

この円安が国内製造業の復活に結びつくかどうか注目したいところですね。

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP