災害時に活用されるビニール袋

平成24年6月20日号 バックナンバー

6/20 現在の読者数・6,035人 おかげさまで読者数6000人を超えました!ご愛読ありがとうございます!

災害時に活用されるビニール袋

先日、東日本震災の際に、ビニール袋が活用されたという話を 聞く機会に恵まれました。通常とは異なる方法として活躍しています。

bousai.jpg

1)保温目的で着る

災害時は夜に気温が下がり、寒さ対策が必要になりますが、このような場合には大きめのビニール袋の底部分を切り、顔だけ出してビニール袋をすっぽり被ります。通気性がないので、体温を逃がしにくくなり、保温効果が得られます。

2)飲料水の保管、運搬に使う

緊急時には水の確保が必要ですが、保管できる容器の数が限られている場合、ビニール袋を何枚か重ねて、飲料水を保管することができます。もちろん、運搬することも可能です。

3)簡易トイレとして使う

トイレが故障している場合などに、ビニール袋を簡易トイレとして使用することができます。

4)仕分けするのに使う

避難所などでは、モノを仕分けするのに何枚かのビニール袋に分けて保管したり、運搬したりするために大量に必要になったそうです。

5)放射性物質の汚染地域で

放射性物質の汚染地域では、大量のビニール袋が使われました。汚染地域に入る際には持ち物は全てビニール袋に入れ、地域から出た後は全てビニール袋から出す、ということが実施されました。

このように、災害の際には、ビニール袋が活用されています。

真空パックの専門サイト

食品や工業製品用の真空パックの専門サイトを立ち上げました。

真空パック.com

食品用、液体用、電子部品用など用途や機能に応じた真空パック製品や真空包装機を詳しく解説しています。

透明袋のほか、アルミ袋や注ぎ口のついたタイプなどもございます。是非御利用ください。

◇「いつか使える」情報のコーナー

ボーイング787(次世代型航空機)について

ボーイング787は機体の70%近くを海外メーカーを含めた約70社に開発させる国際共同事業である。

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

おかげさまで、読者数が6000人を超えました。ありがとうございます。月に二回の発行とはいえ、それなりに執筆は大変なのですが、読んで頂いている方に少しでも有用な情報を、と考えて作成しております。

今後とも宜しくお願い致します。

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP