PE袋(ポリエチレンフィルム)の強度が下がった??

平成20年6月5日号 バックナンバー

☆6/5 現在の読者数・2,826人

PE袋(ポリエチレンフィルム)の強度が下がった??

近頃、似たようなお問合せを続けて何件もいただいております。頂いたお問合せというのは、次のような内容です。

「従来から使用していたポリ袋が、急に破れやすくなったんです。現在の購入先に確認したところ、改善できないといわれ、大変困っています」

また、次のような問合せもございました。

「今、ポリ袋を購入している先が、急に納期遅れが目立ってきたので安定的に供給してくれる会社を探している」

同様の問合せが続くので、当社のほうでも状況を調査してみたところ、LLDPEが品薄になっていることが原因ではないかと推測しています。

これまでにお伝えしたとおり、昨年末の三菱化学のプラント火災により、一般的なポリ袋に使用されている「LLDPE」の生産量が少なくなるという影響が出ました。三菱化学はLLDPEの国内トップシェアとされており、事故直後にはLLDPEの供給に不安感が高まりました。

LLDPEは、LDPEと比較すると、伸びる力や強度が高いため、現在、透明なポリ袋の主原料として広範に使用されています。その主原料の供給が減少するということで、火災直後には、当社もかなり慌てた経緯がありましたが、結果的に、当社への供給は充分な数量を確保できる見通しとなりました。

しかしながら、業界内においてのLLDPEの品薄感は、相変わらず一部で続いている模様です。

5月、6月は、三菱系以外の樹脂メーカーもプラントの定期補修を行うために、製造を一時的にストップしますので、供給がタイトになりやすい時期です。恐らく、時期的な品薄も影響していると思われます。

強度のある従来のLLDPEが充分に確保されなくなったために、強度の低い別原料を使用し、結果として、「フィルムの強度が下がった」という現象が起こっているのかもしれません。

あくまでも推測ですが、そうした事情から、比較的安定的に商品供給を行っているメーカーへの問合せが増加しているのではないかと考えられます。

成功事例のご紹介

今回は日本パワーブレーキ株式会社の関本様の事例をご紹介します。商品は防錆ポリ袋です。

1)今回、弊社の商品をお買い上げいただいた訳ですが、当初、何かお困りの事があったのでしょうか?

加工品の保管で錆問題で悩んでいる。

2)いろいろなウェブサイト・企業がある中で、どうして当ウェブサイトからご購入いただいたのですか?

検索トップに御社の社名があったから

3)弊社の商品を実際に使用してみていかがでしたか?

袋に詰めるだけで簡単だが、本当に錆は大丈夫か心配がある。

4)商品を知ってから注文するまでに何か躊躇することはありましたか?

購入数量、当初は、少量で試してからと思っていた

6)購入する際、決め手になったのは何でしたか?

手続きにわずらわしさがなかったので

関本様ありがとうございました。

今回ご購入頂いた製品

◇「いつか使える」情報のコーナー

神宮球場(明治神宮野球場)について

1967年にグラウンドが狭くなる前、東京六大学野球では“エンタイトル三塁打”のオリジナルルールを適用していた。ワンバウンドして外野スタンドに入った打球を三塁打(エンタイトル)として扱った

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

東京からお客さんが来られたときに、当社近くのちょっと変わったお蕎麦屋さんにお連れしました。ここは珍しいポリシーをお持ちのお店で、

「蕎麦は塩をかけて食べるのが一番」

なのだそうです。「しおそば」を注文すると、ちょい太面の十割手打ち蕎麦に、塩が添えられて出てきます。

これが、見事に賛否両論です!私としては「これも『あり』だなあ」と思うのですが、「やっぱり、つゆで食べたほうがうまい」というひともいらっしゃいます。

佐野蕎麦
http://www.kuchikomimap.com/10176/

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP