液体用ポリ袋・詰め替え用ポリ袋

平成18年8月7日号 バックナンバー

        

毎度お世話になっております。豊ファインパックの堂前です。先月の大雨が落ち着いたと思ったら、今度は倒れてしまいそうな暑さが毎日続いていますね。もうハンカチでは用を足さないのでタオルを持ち歩いています。

豊ファインパックの製品紹介をはじめ、その他色々な情報を発信させて頂いております。包装資材に関する情報を少しでも伝えられれば幸いです。

注ぎ口(キャップ)付きポリ袋

液体の包装には、注ぎ口付で、袋自身が自立できるスタンディングタイプが最適です。液体用ラミネートポリ袋のフィルムは、液体が重さで倒れにくい強度のあるラミネートフィルムを採用しています。

また、フィルムに酸化防止能力、水蒸気透過防止能力を持たせているため、液体の酸化や変質を抑制することができます。

ボトル容器の詰め替え用としても人気があり、容器よりもかさばらないため、ゴミの減量を進める環境対策商品として採用される場面も増加しています。

世界一高価な物質

世界一高価な物質ってご存知ですか。それは、カリホリニウム252という物質で、何と100g=7兆円!!

カリホルニウムとは原子番号98の元素。元素記号はCf。アクチノイド元素の一つ。超ウラン元素でもある。比重は15.1、融点は900℃である。

安定同位体は存在しない。物理的、化学的性質も不明な分が多い。原子価は、3価。

(ウィキペディアから一部抜粋)

「コドモのギモン2」という素朴な疑問に答えようという番組で「世界で一番高いものって何だろう?」の答えが100gで7兆円するカリホリニウムだったそうです。

朝日新聞がウィキペディアのカリホルニウムの項にある「ちなみにカリホリニウム252は世界でもっとも高い」という記述を記事にしたことが発端となったらしいです。

何に使われているかというと、原子炉を起動するときの中性子源としてステンレス管のなかにカリホリニウム252をいれて用いるらしく、非常に少ない量で十分に力を発揮することができる物質のようです。

その為、100gという日常的な量で計算すると7兆円なんてとんでもない価格になってしまうんですね。

「なんでも買ってあげる」 と言われたら、「じゃあ、カリホルニウム252」 と答えると面白いかも??

今日の“ショットガントレーニング”

「ショットガントレーニング」とは??

常に新鮮な発想を得るためのトレーニングです。実際の成功例をクイズにして、「自分ならどうしようかな?」と考えることでアイデア力を高めるトレーニングです。

最初はアイデアを考えるのが難しいですが、繰り返すうちにアイデアの数がどんどん増えてきて楽しくなりますよ!

ちなみに、このトレーニングは正解を当てることが目的ではなく、現実性がないアイデアでもいいから、とにかくたくさんのアイデアを考えることを目的としています。

○今回の問題はこれ!

「スイスホテル南海大阪」では、遠方からのお客さんや日本語が不自由な海外からのお客さんを対象にしたあるサービスが人気だそうです。

さて、どういったサービスが人気なのでしょうか?

もし自分だったらどんなサービスを考えられますか??是非たくさんのアイデアを出してみてくださいね~

(回答は一番下です)

▼編集後記

ガソリンの値段が高騰していますね。自分の車のガソリンを入れた時に今までの満タンにした時の値段と全然違ってビックリ!

‘庶民の財布を直撃’なんてニュースでも言ってますが、改めて実感しました。だからといって自転車という訳にもいかないし・・・

身の回りの製品の多くに石油製品が多いだけに今後の動向が気になりますね。

       
        ・
        ・
        ・
(クイズの回答)

慣れない土地でのショッピングは何かと困ることも多いはず…。常にお客様に接している当ホテルのサービススタッフたちがそんなお客様のニーズを察し始めたサービスが「ショッピングバトラー」サービス。
 
当ホテルに滞在中、専任のショッピングバトラーが、客の要望や訪れたい場所などを聞き、ショッピングコースを計画、両替手続きを代行するなど、お出かけの準備を手伝いをしてくれます。

またショッピングの間中、バトラーはお店でのディスカウント交渉、お土産のラッピング郵送、また海外からの客には免税手続き、通訳などのサービスを有料でご提供し、ショッピングをより快適にするためのサポートをしてくれるそうです。

ちなみにサービスのお値段は、1時間5,000円。お客様に同行している間のみ有料で、お出かけ前やショッピング後のサービスは無料。

国内旅行なら知らない土地でも自分で探索するのも楽しみの一つ。でも言葉が通じない海外でこんなサービスあったら便利ですね。

「スイスホテル南海大阪」

http://www.swissotel-osaka.co.jp/ja/contents/index.html

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP