サイドシール袋

サイドシール袋

OPPやCPPなどのような一枚もののフラットフィルムを半分で折り(折り幅が袋の長さ方向となります)、 指定幅で熱溶断(シールしながらシール位置で切断する方法)した袋です。 主にダイレクトメール用の透明封筒タイプなどに使用されており、折り返し部分(フラップ)に接着剤を塗布することもできます。

PE袋でも、サイズが大きすぎる場合は筒状に製造できない場合があり、その際はサイドシール袋が採用されます。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP