アルミ袋で開発品の迅速製品化をサポート

大阪に本拠を構えるある設備メーカー様のE社様の事例をご紹介します。

期待の新事業

E社様は、様々な工場向けの設備をオーダーメイドで製造していますが、ある新規事業として、設備の備品も製造販売することになりました。備品は消耗品として継続的に使用されるものですので、安定的な売上が見込め、期待の新事業として立ち上げられたそうです。

湿気と日光はNG

さて、この備品ですが、商品の特徴として、湿気を遮断する必要があります。水蒸気と接触すると、製品が劣化してしまうのです。1年程度の長期の品質保証を可能にするためにも、防湿効果が必要でした。また、製品が白色であり、日光で変色するため、遮光効果も必要です。

そこで、防湿と遮光を両立した包装資材として、アルミ袋を候補にしました。

アルミ袋の課題

しかし、アルミ袋について調査したところ、大きな課題があることがわかりました。

課題とは、サイズの問題でした。

この製品はサイズが小さいため、袋サイズとしても幅90ミリX長さ130ミリという非常に小さなサイズの袋として予定しています。しかし、アルミ袋の規格品(既製品)のサイズだと、これほど小さな袋がありませんでした。

規格品の中で一番小さいものを採用したとしても、中身のサイズの割りにやたらと袋サイズが巨大になってしまい、非常にバランスが悪くなります。そこで、専用のサイズでオーダーメイドを検討しましたが、その場合の最少製造ロットは約13万枚となりました

新規事業でこれから販売を始めようという製品なのに、最初から袋ばかり13万枚もあってはさすがに数が多すぎます。

当社のご提案はというと・・・

そんなE社様のご相談について、弊社では、アルミ袋のイージーオーダーをご提案させていただきました。

この製品は、フィルム構成は弊社であらかじめ決まった構成になりますが、ご希望の寸法で袋を製造することができ、その上、最少で1000枚から製造が可能です。E社様の新商品開発について、

  • 「湿気を防止できる」
  • 「遮光できる」
  • 「アルミフィルムである」
  • 「サイズが指定できる」
  • 「少ない枚数で製造できる」

というような点が決めてとなり、ご採用いただくことになりました。

このアルミ袋については、すでに社内での品質評価で合格しており、次はテスト販売となるとのことです。

今回ご紹介の製品

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP