透明ハイバリヤ袋で強力真空包装が可能に

家電部品メーカーE社様の事例をご紹介します。

アルミラミネート袋の難点

E社の担当者様は「もっとガスバリヤ効果の高いフィルムを採用しよう」ということでアルミ箔を使用した袋を採用してみたものの、アルミ箔のラミネートフィルムでは中身が見えないため、包装する際に、つい脱気しすぎて部品を破壊してしまうトラブルが続出しました。しかも、中身が見えないため、部品が壊れているかどうかが目視できない難点もありました。

当社のご提案とはというと・・・

そこで当社が提案した袋は、アルミタイプに匹敵する透明なハイバリヤ袋。ガスバリヤ性能が高くて透明なので、部品のクレームを防止することができ、脱気真空包装を行う際にも、中身が見えるため、脱気しすぎる問題も回避することができるようになりました。

ただ、一点、「ピンホール」と呼ばれる穴が開きやすいという問題点がありました。そこで、講じたのは、最外面強度の高いナイロンフィルムをもう一層追加するという方法。無事にピンホール問題も解決し、E社の担当者様の笑顔も戻りました。

今回ご提案の元となった製品(実際はオーダーメイド品)

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP