予算の考え方について

yosan.jpg

ポリ袋、ビニール袋を決める際のひとつの基準に「予算」があります。ここでは、予算を決める際に大事な「袋の単価」についてご説明します。

単価が上がる理由

  • 袋のサイズが大きい
  • フィルムが分厚い
  • 機能性が付加されている(帯電防止や防錆等)
  • 数量が少ない

それぞれについて、簡単にご説明致します。

サイズが大きい・フィルムが分厚い

ポリ袋・ビニール袋の場合、基本的には、フィルムが厚くなるほど、サイズが大きくなるほど、たくさんの原料を使用することになるため、その分原価が高くなります。

一般的に、使い捨てされるポリ袋等の包装資材は原価率が非常に高く、薄利多売の製品ですので、原価が高くなるとそのまま販売単価も上がります。

機能性の追加

帯電防止や導電、防錆、バリア性、印刷や追加加工等、何か特別な機能が追加される場合は、汎用のフィルムよりも価格は高くなります。

数量(購入ロット)

ポリ袋・ビニール袋のご注文については、少量・ケース単位で、弊社で在庫している「規格品」の場合と、お客様のご希望内容に沿った内容で製造する「オーダーメイド」の場合とがあります。

袋やフィルム製品の場合、一枚あたりの価格については、数円から数十円の範囲になる場合が多く、一枚あたりの価格をみれば、そう大きなコストとはなりません。しかし、ご注文の場合には、規格品の場合であればケース単位、オーダーメイドであれば、製造最少ロットでのご注文でないとお受けできないため、単価x数量でご予算を設定いただく必要があります。

従いまして、数量が少ない場合ですと、規格品、数量が多い場合ですと、オーダーメイドのほうが割安感が生じることになります。

コストダウンを図りたい場合には…

現行品からコストダウンを図りたい場合には、下記ポイントを考えていくことをお勧めします。

  • 袋のサイズは適切か(余分に大きくなってないか)
  • フィルムの厚みを下げられないか
  • 特に必要のない機能が付いていないか
  • 購入の数量を増やせないか

特に、フィルムの厚みについては、たった0.01mmの違いでも、袋のサイズが大きければ大きいほど、原価の差も大きくなります。(※袋サイズが小さいと、大きな差にはなりません)

ただし、厚みを減らす=強度を減らすということになりますので、強度が減った結果問題が起こらないかどうか、確認する必要があります。

関連商品
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP