ラミネートフィルムの豆知識 ナイロンとポリエチレン

「ラミネートフィルム」
異なる種類のフィルムを貼り合わせて機能性を高めたフィルム

このラミネートフィルムについては様々な組み合わせが可能なんです。

ナイロン(NY)とポリエチレン(PE)のラミネート袋

最も汎用的なのはナイロンとポリエチレンのラミネートです。 一番よく知られているのは、お肉や漬物の真空パックのような食品用のものではないでしょうか。

ncf2.jpg

袋の外面がナイロン、内面がポリエチレン、という組み合わせは 主に食品の真空包装(真空パック)に使用されたり、 電子部品の防湿・酸化防止包装に使用されたりしています。 ナイロンはポリエチレンと比べて酸素透過度が低く、中身の酸化防止が図れるんですね。

しかし、ナイロンフィルムは耐熱温度が高いため、ナイロン単体ではヒートシールができないという弱点があるんです。 ヒートシールができませんので、ナイロンだけで袋を製造することはできません。

逆に、ポリエチレンフィルムはナイロンフィルムと比べ、 防湿能力に優れています。また、融点が低い(80~100℃)ため、 熱加工性が良く、ヒートシールに適しているので、シール強度が高くできる利点があります。

このように、ナイロンとポリエチレンのラミネートフィルムは相互の長所を活かすだけでなく、 苦手な部分を補完しあっている組み合わせなんですね~。

また、ナイロンフィルムは強度に優れ、透明度も高いという特徴もあり、 ラミネートフィルムの強度を高める際には、ナイロンフィルムを二重にラミネートすることもあります。 二重にしても、透明度が損なわれないという利点があり、フィルムの強度アップ、 酸化防止能力アップのために、ナイロン層をダブルにするラミネートフィルムも人気です。

このナイロンポリフィルムを使用した袋は、真空調理などにもよく使用されています。

ナイロンポリ製品一覧
人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP