着色ビニール袋で部品を仕分け・簡単管理

袋の色分けで分別し易くする

工場や企業の現場では、様々な部材や部品が使用されます。こうした部材・部品を簡単に仕分けする際に多い方法として、フィルムを着色する方法があります。見た目に色が違うことにより簡単に工場内で部品を仕分けでき、種類別に文書を見分けることができます。

colorfilm.jpg

本来、ビニール袋は無色です。素材により透明と半透明に分かれますが、どれも同じ透明袋を使用していると、中身を確認する手間がかかるだけでなく、遠くから見た場合に、中身がどんなものかが見分けづらいという問題が発生する場合があります。

こうした場合には、遠目にも一見しただけで中身の違いがわかるようにビニール袋に色をつける方法が採用されています。

ビニールの着色は、ビニールフィルムを成型する際に、顔料を主原料とした着色剤を一緒に混ぜて行います。カラーバリエーションも豊富です。

色によって顔料の価格が変わり、概して、黄色、赤、オレンジ、ピンクが少し高めになり、ベージュ、ブルー、グリーンなどが比較的安いです。最も価格が安いのは、使用頻度が高い乳白や黒です。

ビニール袋に着色する場合には、すべてオーダーメイド扱いとなりますので、ご希望の場合にはお問い合わせください。

製品詳細はこちら

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP