クリーンルームで活躍するポリ袋

平成30年9月20日号 バックナンバー

現在の読者数・18,929人 ご愛読ありがとうございます!

クリーンルームで活躍するポリ袋

日本のものづくりは、従来から「軽く、薄く、短く、小さく」作ることが得意で、とりわけ電子部品や精密機器などは、小型化と高容量化を同時に実現することで発展してきました。
そうした、「軽薄短小」のニーズから製造過程を「クリーン化」する企業様が非常に増えています。
部品が小型化することにより、従来よりも高度に異物管理を行う必要が出てまいりました。
こうして、製造過程のクリーン化に伴い、販売数が増加しているのが、「無添加ポリエチレン袋」です。

一般的なポリエチレン袋には、微細ではあるものの、様々な添加剤が含有されています。

代表的なものは、
「スリップ剤」
「アンチブロッキング剤」
などで、一般的には、製造しやすいように添加されています。
ところが、製造工程をクリーン化しようとすると、これらの添加剤が「異物」としてカウントされることになってしまいます。

そこで、開発されたのが、こうした添加剤を使用しない、「無添加ポリエチレン袋」です。
この袋は、スリップ剤などの添加剤を使用していないので、クリーン化を妨げない上、フィルム自身も非常にクリーンであり、電子部品や精密機器のクリーン包装の場面で活躍しています。

今回ご紹介の製品はこちら

臨時休業のお知らせ

平成30年10月5日ですが、社員研修のため、臨時休業を頂きます。
恐れ入りますがどうぞよろしくお願い致します。

◇「いつか使える」情報のコーナー

「福沢諭吉」について

もともと苗字は「ふくさわ」と発音していたが、明治維新以後は「ふくざわ」と発音するようになった

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

前回のメルマガでは台風21号の直撃翌日の発行となり、被害状況のご連絡を致しましたが、さらにその翌日、北海道で大きな地震がありました。

心よりお見舞い申し上げます。

1月の大雪に始まり、洪水、連日の猛暑、台風、地震・・・
今年は本当に天変地異の多い年ですね・・・

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP