ポリ袋の保管方法

平成30年9月5日号 バックナンバー

現在の読者数・18,929人
ご愛読ありがとうございます!

ポリ袋の保管方法

今年は、非常に暑い夏になったため、

「昔購入したポリ袋が変質していたから、新たに購入したい」

というお問い合わせを頂きました。

ポリ袋はもともとは石油に由来する製品ですので、熱によって変質する特性があります。
保管場所については、通常「直射日光を避け 室内の冷暗な場所」となっておりますが、
今年のように気温の高い日が続く場合には、保管場所の気温に注意していただいたほうがよいかもしれません。

滅多に変質することはありませんが、気温上昇に伴って起こりうる現象としては、

「柔らかくなる」
「フィルム同士が溶着している」
「破れやすくなる」

などがございます。

暑い夏には、ポリ袋の保管状況が暑くなりすぎないようご注意ください。

台風21号の影響

福井県を直撃した台風21号ですが、弊社にも損害がございました。
観測史上最も強風だったそうで、屋上の看板が強風で吹っ飛ばされてしまいました。
また、外壁の一部や雨どい、倉庫の屋根などにも損害が発生しました。

しかし、製造に関するものについては一切問題ございません。
デリバリーについても特に問題ございませんのでご安心ください。

◇「いつか使える」情報のコーナー

「ナウマンゾウ」について

ナウマンゾウの化石は、東京都内だけでも田端駅、日本銀行本店、明治神宮前駅など20箇所以上で発見されている。

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

台風の影響で、メルマガ発行が一日遅れてしまいました。
申し訳ございません。
現在は復旧しておりますので、ご安心ください。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP