鉄粉の錆と発火を防止するポリ袋


平成29年11月20日号 バックナンバー

現在の読者数・18,112人
<ついに1万8000人を超えました!>

ご愛読ありがとうございます!

鉄粉の錆と発火を防止するポリ袋

今回ご紹介するのは金属製品製造業のI社様です。

I社様では、業務上、社内で鉄粉を保管しているのですが、常々、鉄粉の保管には大きな課題がありました。

それは、「鉄粉が錆びる」ということと、「鉄粉が自然発火しやすい」ということです。

鉄ですから、鉄粉が錆びるのは当たり前ですが、さらに、粉状になると、鉄は非常に燃えやすくなる性質があります。

特に、ポリ袋で包装する場合には、フィルムから発生した静電気のスパークを起点として鉄粉が発火することがあります。

そのため、鉄粉を包装する際には、「防錆」と「帯電防止」の両方を満たすポリ袋が必要となります。

今回I社様にご提案したのが、まさに、「帯電防止防錆ポリ袋」です。

オーダーメイド対応により、鉄粉の保管用としてご採用頂きました!

今回ご紹介事例の商品

GADSL対応の書類は提出できますか?

よくあるご質問として掲載しているのが「GADSL対応の書類は提出できますか?」というものです。

そもそもGADSLとは、「Global Automotive Declarable Substance List」の頭文字で、要約すると、自動車業界の化学物質管理書類です。

弊社のすべての取扱製品で対応できるわけではありませんが、対応可能な商品もございますので、お問い合わせください。

◇「いつか使える」情報のコーナー

「ニッチロー'」(ものまねタレント)について

高校時代はサッカー部に所属していた

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

11月後半に入り、急激に気温が下がってきていますね。寒くなりました・・・。
天気予報では、この冬はどうやら寒くなると予想されているようです。

数年に一度のレベルで、デリバリーに支障をきたすほどの降雪があるのですが、今期も久しぶりに来るのかもしれません。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP