危険な物質管理に厚手のポリ袋が活躍

平成29年10月5日号  バックナンバー

現在の読者数・18,041人 <ついに1万8000人を超えました!> ご愛読ありがとうございます!

危険な物質管理に厚手のポリ袋が活躍

今回ご紹介するのは建設会社のA社様です。

A社様は建物の建設や、解体、土木工事なども行う企業様ですが、工事によっては、ポリ袋をご利用頂く機会があるとのことでした。

特に、環境影響のある物質や、人体への影響が懸念される物質を取り扱う際には、様々な規制や、保管基準などもあり、厳しく管理されていらっしゃいます。

そんなA社様から、2件のお問い合わせを頂きました。

ひとつめは、ポリ塩化ビフェニルをドラム缶で管理したく、ひいてはその内袋を探している、とのことでした。

弊社では、ドラム缶の内袋用として、ちょうどいいサイズの変形ポリ袋を取り扱っておりますので、こちらをご提案致しました。

ドラム缶用ポリ袋について

サイズについて

帯電防止タイプについて

過去に使っていたものが破れやすかったとのことで、現在は非常に、破れにくくなっている点が評価されています。

さらに別件として、アスベストの管理用に、厚手のポリ袋が必要という事態となられ、こちらについてもお問い合わせを頂きました。

アスベストの保管についても、最終処分場からのご要望で「破れにくいポリ袋」である必要があるようです。

こちらについては、厚さ0.15ミリの非常に分厚いポリ袋をご採用頂きました。

厚手のPE袋について

フィルム分析サービスが人気

「サンプルはあるんだけど、フィルムの名前や性質がよくわからない」
というお問い合わせを頂くことがあります。
こうした場合にお勧めしているのが、「フィルム分析サービス」です。

サンプルをお送り頂いて、弊社で確認することももちろんですが、特殊な機械で、フィルムの原料特定を行うなどの分析も可能です(一部有料です)。

お気軽にお問い合わせください。

◇「いつか使える」情報のコーナー

「とんねるず」(タレント)について

帝京高校卒業後、石橋はホテルセンチュリー
ハイアット、木梨はダイハツに就職

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

すっかり季節が変わって参りました。

福井も最高気温が20度を下回り、
秋が深まってきています。

越前市のイベント「武生菊人形」も
本日10月5日開幕です(11月5日まで)。

今年から、越前市武生中央公園が
リニューアルしたこともあり、
入場が無料になりました。
(見流し館などは別途有料です)

話題になっているみたいですね。

たけふ菊人形

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP