シュリンク包装をサンプルでテスト

平成29年8月20日号 バックナンバー

現在の読者数・17,977人ご愛読ありがとうございます!

シュリンク包装をサンプルでテスト

今回ご紹介するのは雑貨販売を手掛けるO社様の成功事例です。

O社様では、輸入した雑貨製品を、日本の販売店で陳列できるように、日本国内で再梱包しているのですが、その一部の包装方法として、「シュリンク包装」を検討されることになりました。

しかし、ここで困ったことが起こります。

シュリンク包装をしたことがないので、どうやって包装材を選んだらよいかがわからないのでした。

早速弊社にお問い合わせを頂いたのが、「収縮率、縦50%、横30%って、どういう意味ですか?」ということでした。

弊社のウエブサイトには、シュリンク包装用のビニール袋を掲載しているのですが、製品特性に、「収縮率、縦50%、横30%」と記載しているのです。

確かに、シュリンク包装をしたことがないお客様にとっては、収縮率を言われてもピンと来ないかもしれません。

しかし、ご安心ください。

弊社では、お客様が包装したいモノのサンプルをお送りいただければ、シュリンク包装を施した状態で送り返すサービスを無料で致しております。

そのサンプル包装の仕上がり具合を見て、お客様のイメージとあっているかどうかを確認して頂けるわけです。

O社様からも数点のサンプルをお送りいただき、実際にシュリンク包装を行って、返送させて頂きました。

サンプルはイメージ通りだったとのことで、サンプルと同じフィルム、サイズのシュリンク袋をご採用頂いております。

今回ご紹介の製品はこちら

リクナビNEXTに採用募集を掲載しています

豊ファインパック株式会社では、業容拡大につき、福井本社、東京支社、フィリピン事業の三拠点において、新卒、および中途採用を行っております。

詳細については、リクナビNEXTに掲載しておりますので、ご参照ください。

ご応募お待ちしております。

リクナビNEXT

◇「いつか使える」情報のコーナー

「みやぞん」(お笑いタレント)について

子供の頃には知人の母親に「いつでも泊まっていいよ」と言われたため、本当にその家に1か月以上泊まり続けて最後にはひどく怒られたこともあった。

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

暑かった8月上旬が嘘のように、東日本では雨が続いていますね。
北陸のほうは、それほど雨は降っていませんが、気温が意外と上がりません。
冷夏になりました。

さて、秋から冬にかけては、非常に注文が混み合う時期となります。
ご注文もかなり増えてきておりますので、お急ぎの場合には早めにご注文頂けますと幸いです。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP