小ロットで離型PETフィルム購入

平成28年11月20日号 バックナンバー

現在の読者数・17,305人 ご愛読ありがとうございます!

小ロットで離型PETフィルム購入

今回の成功事例は精密部品を製造しているM社様の成功事例です。M社様では、新製品製造の工程内で離型フィルムを使用することになりました。

離型フィルムというのは、粘着性のある物質から「剥がれやすい」という性質を持つもので、製造工程内で使用されることが多い特殊なフィルムです。素材はPETフィルムが最も多く、ほかにもポリプロピレンが使用される場合もあります。

しかし、離型フィルムを購入するにあたり、M社様には、大きな問題が発生しました。その問題とは、「離型フィルムの販売ロットが大きい」ということでした。

通常離型PETフィルムは、数万m単位で製造するのが普通です。また、オーダーメイドの使用になる場合がほとんどですので、M社様で使用する量と比べると、製造単位、販売単位が多すぎることが判明したのです。

そこで弊社にお問い合わせ頂くことになりました。

弊社では複数の離型PETフィルムを小ロットで販売しておりますが、実際に、いくつかの種類をテストしていただき、実用できることがわかりました。

「離型フィルムとなると、なかなか取り扱いしていない場合のほうが多いので助かりました」

とのことで、お喜び頂けました。

今回ご購入頂いた製品

越前がに漁が解禁

毎年11月6日は、越前がに漁の解禁日です。今年は天候がいまひとつだったことから、去年の初日よりも不漁だったようです。

今年は、越前がにの足のタグに、QRコードがついていて、読み込むことによって、スマホから越前がにの「動画」を見ることができるようになっているそうです。

昨季の越前がに漁獲金額は、過去最高の21億2100万円だったそうです。今季はさらに上回ることが期待されています。

◇「いつか使える」情報のコーナー

ドナルドトランプ氏 (アメリカ大統領)について

フィリピンのマニラにも「トランプタワー」を建設している

※ウイキペディアより引用

▼編集後記
だんだん日本は寒くなってきました。この後、シンガポールと上海に立て続けに出張する予定となっています。

体調を壊さないよう、気をつけねば!皆様もご自愛ください。

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP