100分の1にコストダウンするポリ袋

包装技術ねっと成功事例マガジン

国内最大「保護包装ウエブサイト」
http://www.housougijutsu.net/

ポリ袋、ビニール袋、フィルムで世の中をカイゼンしよう

平成28年9月20日号

いつも豊ファインパックのウエブサイトをご愛用頂き、
誠にありがとうございます。

国内最大の保護包装サイト「包装技術ねっと」が
品質や製品保護を一層発展させる情報をご提供します。

現在の読者数・17,261人
ご愛読ありがとうございます!

目次
1) 100分の1にコストダウンするポリ袋
2) JK課が他県にも続々と

1) 100分の1にコストダウンするポリ袋

今回の成功事例は電力関連事業を行うN社様の成功事例です。

この半年というもの、私どもには、
電力関連の会社様から多数のお問い合わせを頂いて参りました。

どうやら、グループ企業などで使用される様々な資材について、
価格の見直しを行うことになったとのことです。

N社様の場合は、水濡れを防止するための証明書用のポリ袋をご検討頂きました。

透明度の高く、気密性の高いタイプのポリ袋をご提案したところ、
あっという間に採用が決まりました。

あまりにあっという間だったので、理由を伺ったところ、なんと、
従来使用していた袋は、弊社のご提案したものの
100倍以上高価なものだったとのことです。

袋に色んな副資材がついていたため、不要に高いものを使用していたことが
わかったとのことで、結果的にはコストを100分の1に低減できたと、
非常に喜んで頂けました。


2) ふるさと納税のすすめ

みなさん、ふるさと納税やってますか??

今年に入って、ふるさと納税がちょっとしたブームになっています。
その理由は、従来よりも書類作成が簡素化されたことが大きいのですが、

それよりももっと大きいのが、「誤解が解けた」ことだと思います。

私も普段、福井という地方に住んでおり、「ふるさと納税」というのは、
都会に住む方が、地元に納税するものだとばかり思っていました。

しかしこれは大間違いです。

思いっきり簡単に言えば、ふるさと納税とは、

「自分の納税額の一定額まで、無料でお取り寄せできる制度」

なんですね。

つまり、地方に住んでいるかどうかとか、
地元がどこかというのは全く関係ありません。

「納税」という言葉が誤解を生じやすいのですが
実際には、「寄付」と「お礼」と「税金の控除」がセットになった仕組みで、
広く一般の方も利用しやすい制度になっています。

というより、やらないと損。
特にたくさん納税している個人は、ふるさと納税をしないと大損しちゃいます。

詳しい説明はこちらのサイトなどが参考になると思います
http://www.furusato-tax.jp/about.html

◇「いつか使える」情報のコーナー
福原愛選手 (卓球選手)について

中国でのニックネームは、"磁器人形" という意味

※ウイキペディアより引用


▼編集後記

リオオリンピック、パラリンピックで盛り上がった夏でしたね。

さて、秋に入り、徐々に景気が悪化する傾向が見えてきているようにも思えます。

年末に向けて、経済の動向が気になるところですね。

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP