梅雨対策なら防錆ポリ袋


包装技術ねっと成功事例マガジン

国内最大「保護包装ウエブサイト」
http://www.housougijutsu.net/

ポリ袋、ビニール袋、フィルムで
世の中をカイゼンしよう

平成28年6月5日号

いつも豊ファインパックのウエブサイトをご愛用頂き、
誠にありがとうございます。

国内最大の保護包装サイト「包装技術ねっと」が
品質や製品保護を一層発展させる情報をご提供します。

配信停止ページはこちら
https://www.bizmail.jp/form.cgi?mgid=finepa


現在の読者数・17,092人
ご愛読ありがとうございます!

目次
1) 梅雨対策なら防錆ポリ袋
2) フィリピン事業所の視察について

1)梅雨対策なら防錆ポリ袋

今回ご紹介するのは、機械部品を製造するK社様の成功事例です。

K社様では、主に鉄を使った機具、部品を製造していますが、
梅雨入りから真夏にかけて、日本の高温多湿状況では、
細かな錆が発生していました。

部品特性上、多少の錆が出ていてもこれまではあまり
問題になって来なかったとのことですが、

最近になり、「見た目」の問題から錆対策をユーザー様から
求められるようになったそうです。

そこで、検索エンジンで、「錆」について
調べていたところ、たまたま弊社の、

「防錆油より使いやすい防錆ポリ袋」

という広告を見かけたことから
弊社にお問い合わせを頂きました。

その後、数回のサンプルテストによる効果測定を終え、
採用となりました。

袋に入れておくだけで錆発生を抑制できる、ということで、
「防錆処理がとにかく簡単」とコメント頂いております。

今回ご紹介の商品ページはこちら
http://bouseipack.com/

お問い合わせはこちらへどうぞ
info@housougijutsu.net


2)フィリピン事業所の視察について

おかげ様で、すでに30社以上の企業視察を頂いている、
ユタカファインパックフィリピンですが、
7月にも福井県立大学の社会人向けシンクタンクである
「地域経済研究所」
の視察を頂くこととなりました。

弊社は福井県の企業としては二番目、製造業としては福井で
最初にフィリピンに進出した企業です。

そうした側面からも福井県の企業様、
大学関係者様などの視察が多いのですが、

最近では愛知県、岐阜県、大阪府、大分県など
他の都道府県の企業様も視察にいらっしゃっています。

海外進出を検討していらっしゃる企業様には
参考になる部分もあるかもしれません。

お気軽にご相談ください。

ご意見お待ちしています
info@housougijutsu.net


◇「いつか使える」情報のコーナー

モハメド・アリ選手(元プロボクサー)について

アリが、メダルをオハイオ川に捨てたという
エピソードは、アリの友人数人が否定しており、
後に出版された伝記でも、実際にはメダルは
単にアリが紛失したのだとされている


※ウイキペディアより引用


メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/


▼編集後記

関西空港の書店は、その土地柄から
海外関連の書籍がたくさん販売されています。

その中で目立つのは、「中国はもう終わり」
という内容の本です。

「終わり」と言われながらもう10年以上
経っているようにも思いますが、

このお隣の大国は、日本の島に
ちょくちょく挑発に来ていて心配ですね。


ご意見お待ちしています
info@housougijutsu.net

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP