タイヤ用ビニール袋のウエブサイトを作成しました

平成25年11月20日号 バックナンバー

11/20現在の読者数・7,702人 いつもご愛読ありがとうございます!

タイヤ用ビニール袋のウエブサイトを作成しました

急に肌寒くなって参りました。もうじき12月。いよいよ冬到来です。この時期になりますと、弊社に多くご注文いただきますのが、「タイヤ用ビニール袋」です。

夏用タイヤから冬用のスタッドレスタイヤへ交換するときに、タイヤを入れるビニール袋です。

一部の新品のタイヤを除き、交換されるタイヤはそれなりに汚れていますので、そのまま裸で保管するのも印象がよくありません。そこで使用されるのがビニール袋です。

このたび、弊社ではタイヤ交換用のビニール袋を専門に取り扱うウエブサイトを作成、設置致しました。

サイトの名前は、「タイヤ袋.net」です。

主なお客様は、カーディーラー様、タイヤショップ様、カー用品ショップ様、ガソリンスタンド様など、タイヤ交換を実施していらっしゃるショップ様などです。

弊社のタイヤ用ビニール袋は、高密度ポリエチレン(HDPE)を採用していますので、丈夫で破れにくく、また口開きがよいため、タイヤが入れやすくなっています。

詳しくはこちらへどうぞ

お気軽にお問い合わせください。

フィリピン台風の影響について

フィリピンを直撃した台風30号の被害について、たくさんのお問い合わせ、ご心配の連絡を頂いております。今回の台風については、弊社のフィリピン事業所にはほとんど被害がございませんでした。

報道されているのは主にフィリピンのレイテ島の惨状ですが、マニラなどルソン島については直撃を免れたこともあり、レイテ島ほど極端な被害はございませんでした。

おかげさまで、台風通過直後から、スタッフの安全も確保できており、フィリピン事業所は通常営業を行っております。

ご心配頂ありがとうございました。

◇「いつか使える」情報のコーナー

台風30号 について

フィリピン赤十字は支援金受け付けのための特設サイトを開設。国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)や各国の赤十字も、サイトを通じて支援金を募っている

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

台風の件では、色々とご心配いただきましてありがとうございました。本文記載のとおり、弊社につきましてはほとんど影響がありませんでした。

ただ、報道を見ておりますと、大変心が痛みます。東日本大震災の後、フィリピンからも多額の募金が寄せられました。個人的ではありますが、少しでもお返ししたいと感じております。

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP