「破魔矢」など季節物用にイージーオーダー袋

平成24年1月5日号 バックナンバー

☆1/5 現在の読者数・5,7810人

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。旧年中は皆様に大変お世話になりましてありがとうございました。

本年も一生懸命頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

いよいよ平成24年がスタートしました。新聞紙上では、ヨーロッパの信用問題や、中国のバブル崩壊懸念、日本国内の産業空洞化など、今年を悲観的に捕らえている論調も目立ちますが、そうしたネガティブ要素を吹っ飛ばすような元気な一年にしたいと考えております。

実際に、ここ数ヶ月は、お問合せも増加傾向にあり、一部には力強い要素が見えてきております。特に、オーダーメイドの御依頼については、新商品用であったり、社内改善用であったりと、強いご要望に基づいた御依頼が多く、私どもも一層丁寧な御提案をさせていただいている次第です。

こうした点から、景気がよくないとは言っても、改善点や新商品の開発、新しい包装方法の検討などは各社様で実施されていることがわかります。

私どもも、こうしてお問合せいただいた皆様のお力になるべく今年も気合を入れて頑張りますので、お気軽に御相談ください。

よろしくお願い致します。

破魔矢など、季節物用にイージーオーダー袋

先日、あるお客様からのご依頼で、細長いポリ袋について御見積させていただきました。詳しくお困りの点をお聞きしましたところ、「破魔矢」の袋として御利用になられるとのことでした。

もちろん、破魔矢は初詣などの際に購入されているのですが、年末ぎりぎりになって、破魔矢を持って変える際に入れる袋がないことに気がついたとのことで、慌ててご注文いただいたとのことでした。

当社では、イージーオーダーの袋として、「5営業日以内のお届け」のサービスを行なっており、迅速にお届けすることができました。

たまたまだとは思いますが、昨年末には破魔矢用の袋ということについて、同様に数件のお問合せをいただくことになりましたが、いずれもイージーオーダー袋でご提案をさせていただいております。

◇「いつか使える」情報のコーナー

■「破魔矢」について

小型の弓にお守りなどをつけた神社の縁起物の「破魔矢」は、神奈川県の破魔矢奉製所という会社が商標登録していた

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

当社は本日1月5日から営業いたしておりますが、早速の大雪で、今年も最初の仕事が駐車場の雪かきになりました。

昨年、一昨年と非常に雪が多かったのですが、今年も雪が多いという予報が出されています。

雪に負けず、今年も頑張ります。よろしくお願い致します。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP