原油高騰で、化学メーカーが続々値上げ表明

平成23年3月5日号 バックナンバー

☆3/5 現在の読者数・5,132人

原油高騰で、化学メーカーが続々値上げ表明

リビアの政情不安定により、原油価格が高騰しています。

すでに1バレルあたりの価格が100ドルを突破し、現在も高値で推移しています。3月2日の報道はというと、、、

2日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、中東・北アフリカ情勢の混迷が深まっていることから続伸し、指標となる米国産標準油種(WTI)4月渡しが終値で前日比2・60ドル高の1バレル=102・23ドルとなり、2008年9月下旬以来、約2年5カ月ぶりに100ドルの大台を上回った

サウジアラビアが緊急増産を決定し、カタールも原油の供給に自信を見せるコメントをしていますが、それでもなかなか価格の低下が見られません。こうした事態を受け、国内化学メーカーは続々と商品の値上げを表明し始めています。すでに2月中に以下のように報道されました。

旭化成や東レは「これまでも原油価格が高騰する度に値上げをお願いしており、今回も高騰が続けばお願いせざるを得ない」としている。また容器や包装フィルムなどに使われるポリエチレンなどを扱う三井化学は「サウジアラビアなどに混乱が波及すればさらに原油が上がる。状況次第で製品に価格転嫁していく」と話している。

また、3月1日にも以下のように報道されています。

合成樹脂フィルムメーカーが相次いで原油高の価格転嫁に踏み切る。東レと子会社の東レフィルム加工は、2月28日、すべてのフィルム製品を4月1日出荷分から一律15%値上げする方針を決め、需要家と交渉に入った。

液晶表示装置などに使うPETフィムル、ポリプロピレンを縦横両方向に引き伸ばしたフィルムなどが対象。包装材料用ではすでに値上げを打ち出している。

トクヤマ子会社のサン・トックスはポリプロピレンフィルムを3月22日出荷分から約10%以上、値上する。

三菱樹脂は食品包装に使うナイロンフィルムを3月11日出荷分から値上げする。5~10%の値上げを目指す。

私どもにとっても、原油高騰は非常に頭の痛い問題です。なんとか沈静化してもらいたいですが・・・・。

今後の原油動向に注意したいところです。

フェースブックで「包装技術ねっと」のファンページ始めました

チュニジアやエジプトの政変で大いに活躍したと言われている「フェースブック」を御存知ですか?

フェースブック(Facebook)は、いわゆるソーシャルネットワークサービスと呼ばれるウエブサイトで、非常に大雑把にいえば、「普段の人間関係を、ウエブ上で実現する」というようなものです。

まずは、自分の名前で登録して、「ウオール」と呼ばれる掲示板に、「今、包装技術ねっとのメルマガ書きましたよー」などと記入すると、これを見た知り合いから、「いつも読んでるよー」などのコメントが入ったりします。

日本で従来から利用されている「ブログ」と近い機能のほかに、目立つのがフェースブックならではの特徴である、「facebookページ」と呼ばれる機能です。

「facebookページ」は、ある特定の商品やサービス、ジャンルやアーチストなどのファンが集まるページとなっていて、どんどん掲示板にコメントが書き込まれるようになっています。

企業やアーチスト側の情報発信に、直接ファンが答えられるという仕組みになっているのです。

こうした仕組み自体は、既存の他のソーシャルネットワークサービスにもありますが、フェースブックは全世界で月間5億人以上の利用があるという点が大変特徴的です。

そこで、とりあえず、先週、包装技術ねっと のfacebookページを作りました。

お客様にとって良いサービスにどのように結びつけるかということはこれから考えるところです。

デザイン的にももうちょっとなんとかしないと、と思います。

◇「いつか使える」情報のコーナー

■ フェースブック について

日本ではmixi、モバゲータウン、GREEなどの既存SNSや、参入してから各メディアに取り上げられたTwitterに押されて、普及が進んでおらず「フェイスブック後進国」とも呼ばれている

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

最近、お客様とお話しておりますと、「ツイッターやってるんですね」「この前、東京行ってたんですね、ツイッターで知りました」などと言っていただけることが増えました。

ツイッターでは、包装技術情報はほとんど発信していません。

それよりも、包装技術ねっとを運営している会社がどんな個性を持っているかが伝わるようにしようと思っています。

フェースブックについてもどう使っていくかということは決まっていませんが、何かお客さまに役立てるようなことを考えていきたいですね。

チュニジア、エジプトの政変に一定の役割を果たした、と言われているせいか、ここ1ヶ月程度で、急速に利用者が増えているみたいですね。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP