自動包装用ポリ袋「カンガルーバック」

平成22年11月20日号 バックナンバー

☆11/20 現在の読者数・4,904人

自動包装用ポリ袋「カンガルーバック」…フォロー訪問vol.36

当社が長年に渡って供給している包装資材として「カンガルーバック」という商品がございます。

この商品は、「計数機とセットで使われる自動包装機用のポリ袋」の専用ポリ袋です。カンガルーパッカーと呼ばれるその包装機は、100個1パックの設定をするならば、100個が袋の中に落ちた瞬間、自動で袋のシールを行って包装できるという包装機です。

包装ラインを無人化できるということで非常に人気があり、現在でも電子部品業界や機械部品業界、医療器具業界、精密部品業界などのパーツ包装に使用されています。

この包装機専用のポリ袋が、「カンガルーバック」です。

形状としては袋がロール巻き状に巻き取られており、一枚一枚がミシン目で繋がっています。スーパーなどで、魚売り場で使用されているようなミシン目入りの袋に見た目は似ています。しかし、カンガルーバックの特徴は、ミシン目の片側だけが開いていることです。

この特徴により、袋は自然に開口することになり、開口したところに、部品が落とされて包装されるという段取りになります。

今回お邪魔したお客様は長年このカンガルーバックを使用されていますが、このカンガルーバックをスムーズに使用するため、これまで当社と共同で色々な改善を行ってきました。

まず、フィルムの添加剤を調整し、開口性が高い袋に改善しました。また、フィルムの滑りを良くするように変更しました。さらに、帯電防止タイプにして、フィルムが静電気により貼りついたり、部品がフィルムにくっついたりしないように改善しました。こうした改善の積み重ねにより、スムーズな自動包装が実現できています。

今回御紹介の製品はこちら:カンガルーバッグ(別サイトへ移動します)

フォロー訪問裏話

フォロー訪問では、twitterを使って、色々な場面でつぶやいております。

包装技術ネット フォロー訪問者ツイッター

これが意外と好評です。あまりビジネスに関するつぶやきは致しておりませんが、今週は群馬、埼玉方面のフォロー訪問を実施しておりましたので、「今、太田市」とか「伊勢崎市、風が強い」などなど、リアルタイムな情報をつぶやいております。たまには、「東京駅のホームで田原総一郎氏が新幹線待ち」とか、そういうのもあります。

明日はあなたの町でつぶやくかもしれません!ご期待ください!

◇「いつか使える」情報のコーナー

ウイリアム王子(イギリス) について

ウィリアムは小学校に通学した最初のイギリス王子である

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

先日、上海蟹を食べましたが、いやー、美味しいですね~、驚きました!今が旬なのは越前かにも一緒ですね。年内は価格も安いのでお勧めです!今年も美味しいということです。

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP