フィルムの小公差カットでロス率カイゼン

==============================
国内最大の「保護包装ウエブサイト」
http://www.housougijutsu.net/

【包装技術ねっとのメールマガジン】
~知らないあなたは損していませんか?~             
==============================

平成22年1月20日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも豊ファインパック株式会社製品および「包装技術ねっと」を
ご愛用頂き、誠にありがとうございます。

問題解決に真剣に取り組んでいらっしゃる経営者様・技術開発担当者様・
資材購買担当者様のために月二回(5日・20日)お届けする保護包装の
メールマガジンです。

国内最大の保護包装サイト「包装技術ねっと」が
品質や製品保護を一層発展させる情報をご提供しております。

当メールマガジンの配布を希望されない方につきましては、
今後のメールマガジン発送は致しませんので、

大変恐れいりますが 
info@housougijutsu.net 
に「配信停止希望」とメールを送信ください。

☆1/20 現在の読者数・4,595人


~目次~
1)  フィルムの小公差カットでロス率カイゼン・フォロー訪問vol.16
2) お客様の声

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 ● PETフィルムの小公差カットでロス率カイゼン・フォロー訪問vol.16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のフォロー訪問レポートは、
プレス加工メーカーのA社様の事例をご紹介します。

A社様の加工の特徴は、熱をかけてプレスする加工です。

この加工作業では、非常に強い圧力が加わる上、
多少の温度がかかります。この温度設定が非常に
微妙な設定になっており、温度によっては、プレスの
際に、型と製品が付着してしまう性質があります。

この性質の対策として、製品と型の間に、剥離しやすい
加工を施したPETフィルムを挟みます。
こうすることで、製品と型がくっつくことなく
作業することができます。こうしたフィルムを
「離型用PETフィルム」と呼んでいます。

こうした離型PETフィルムは、非常に滑り安い上、
非常に薄手であるため、正確に断裁することが
難しいという問題点がありました。

しかも、型にはめ込む用途であるため、できるだけ
型に沿った寸法でありながらも、型よりも大きくなっては
いけないという制限があります。

フィルムが滑り安く、薄手でハンドリングが悪いという
条件の中、従来は量産タイプの場合の公差は、
プラスマイナス0.5ミリが上限となっていました。

※公差とは・・・
基準値と許容される範囲のその最大値と最小値の差のことです


しかし、2010年に入り、当社で、新製法を確立することにより
公差プラス0、マイナス0.5ミリを実現することができました。

実は、プラスマイナスの公差の管理よりも、プラスがゼロであることを
実現することのほうがより困難なのです。

つまり、できるだけ希望サイズに近いものでありながら、なおかつ、
寸法をオーバーすることがない、というところにこの技術の
斬新さがあるのです。

このことにより、お客様での製造ロスが削減される効果が
得られています。

ご意見をお待ちしております。
送り先はこちら

info@housougijutsu.net 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ● フォロー訪問裏話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある飲料品製造メーカーT社様をフォロー訪問
させていただきました。

たまたまご担当くださった方が、以前、
北陸地区で営業の仕事をされていたということで
思わず話に熱が入ってしまいました。

1月に入ってからは、北陸は連日の雪で、
かなり雪が積もっていますという話を
しましたところ、T社のご担当者さまにも
雪で渋滞して困ったご経験があるそうです。

そんなT社様では、販売店様支援事業が好評です。

小売店様や飲食店様に、単に製品を販売するだけでなく、
小売店用の販売促進POPや販売促進グッズ、
飲食店用のメニューなどを代行して
作成しているそうです。

良いデザインで作成されていることで
小売店や飲食店の販売が増え、結果として
T社様の売上もアップするというWIN-WINの
関係が喜ばれているということでした。

T社様の素晴らしい取り組みをご紹介しました。


============================

「いつか使える」はみ出し情報のコーナー

============================

■ 「栗城史多さん」(冒険家)について

七大陸最高峰のうち現在までに6つを単独登頂した。
2007年からはヒマラヤ山脈の8000m峰に無酸素で挑み、
高所からスキー滑降を行った。
「冒険の共有」をテーマに山行中にインターネット生中継を
実施している。

※ウイキペディアより引用


栗城さんのダウラギリ(8,167m)無酸素単独登頂映像はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=Ny-vjFZm4WE


------------------------------------------------------------

これまで発信させていただいた”包装技術ねっと”のメールマガジンの
過去の全バックナンバーがご覧になれるようになりました!

「包装資材」の情報、「ちょっと楽しめる」「ちょっと役に立つ」情報が
満載です。

「読み忘れたのがあるかも」
「そういや、あのメルマガに載ってた情報を使いたい」
「ちょっと時間が空いたから読んでみよう」

といった場合には是非バックナンバーをご参照ください。

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/

++++++++++++++++++++++++
▼編集後記
++++++++++++++++++++++++

1月はフォロー訪問をたくさん実施しています。

色んな話を総合していきますと、今年はきっと
景気復活の一年になると予測しています!

もちろん、かなり希望的、楽天的な観測では
ありますが、そうやって言い続ければ、きっと
マインド的に持ち直してくるのではないでしょうか。

先日テレビで放送されたドラマ「神戸新聞の7日間」では、
神戸新聞は震災後の一面記事を、「○○人死亡」というような
ものから一転、連日「希望を持てるもの」に変えたそうです。

私たちも、希望の持てる記事を作成したいですね。

ご意見お待ちしています
info@housougijutsu.net


------------------------------------------------------------

新サイトができあがりました!
ポリ袋・ビニール袋と保護包装技術についての
情報が日本で一番たくさん集まるサイトを目指して!
http://www.housougijutsu.net/

ポリ袋・ビニール袋など、フィルム製品のことなら
http://www.finepack.co.jp/

------------------------------------------------------------

~越前の美味をお届けいたします~
ふるさと越前便.com
http://www.echizenbin.com/

へしこ屋本舗.com
http://www.heshikoyahonpo.com/

------------------------------------------------------------

当メールマガジンは、高意識の経営者・技術開発・資材担当者の方に
月二回(5日、20日)お届けしております。

メールマガジンの配送を希望されない場合には、大変恐れいりますが
info@housougijutsu.net  
に「配信停止希望」とメールを送信ください。

------------------------------------------------------------

~「つつむ」から「まもる」へ~
製品保護用特殊包装資材製造

豊ファインパック株式会社
福井県越前市家久町31-11-2
TEL 0778-23-7733
FAX 0778-23-7734
E-MAIL info@housougijutsu.net
ホームページ http://www.housougijutsu.net/

お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP