お預かりなら開封確認PP袋

平成21年10月5日号 バックナンバー

☆10/5 現在の読者数・4,290人

お預かりなら開封確認PP袋・・フォロー訪問レポート vol.8

今回は、東京都のY社様の事例をご紹介します。Y社様は、全国でエステティックサロンなどを展開されています。

お店では、毎日たくさんのお客様が来店されていますが、仕事柄、お荷物や貴重品をお店側で一旦お預かりすることになります。

何度も通っていただいているお客様ですと、お店のひとと面識もありますので、荷物を預けるというのも、比較的気軽に行なえますが、特に初めてのお客様などは、やはり心理的に抵抗があるのが当たり前です。お店側には悪意はなくとも、お客さん側では、「やっぱりちょっと心配・・・」という気持ちが働くものです。

そんなお客様の心配を少しでも緩和しようという思いで、Y社様が採用されたのが、「開封確認できるテープ付き袋」です。

見た目は封筒形状の透明ポリ袋です。折り返し部にはテープ(粘着剤)がついており、このテープ部で封することができます。このテープ部に開封確認ができるようにしました。

具体的にどのように開封確認をするかといいますと、テープを剥がしますと、「開封済」の文字が残ります。つまり、開封した場合にはフィルムに「開封済」の印字がされるというわけです。Y社様では、お客様のお荷物をお預かりする際に、このテープ付袋にお荷物を入れます。

施術後、お客様がお帰りの際には、袋に入ったまま手渡しします。お客様がテープを剥がして初めて、フイルムに「開封済」の文字が印字されます。初めてのお客様はびっくりして、

「これってどうなっているんですか?」

とご質問される場合も多いようです。この袋に入れることで、お店側がお客様のお荷物に接触していないことがわかります。

お客様からは、「そこまでしなくても、とも思いますが、やっぱり安心できますね」と言われているということです。

今回ご購入頂いた製品

フォロー訪問裏話

フォロー訪問については、各都道府県を県ごとに順番に回らせていただいております。そんなフォロー訪問について、時折、こんな会話になります。

「福井からわざわざ来たんですか?」
「はいそうです。福井ってお越しいただいたこととかあります?」
「いやー。ないなあ。金沢に行ったときに通過したことはあるけど」
「そうですか。観光だったら永平寺(えいへいじ)とか東尋坊(とうじんぼう)なんかが有名なんですが・・・」
「うーん、知らない・・・」

全国でも有数の目立たない県である福井県。フォロー訪問でも苦戦しております・・・。

お客様としては比較的、技術、開発関係のお客様や、製造設備などの改善を担当されているお客様が多いです。技術情報などに非常に興味を持っていただいております。また、サンプルの希望なども多く、フォロー訪問によって新たな情報交換などが実現しています。

「そんな商品があるんだったらもっと早く知りたかった」

とおっしゃる方もたくさん。改めて、情報発信の大切さを痛感しております。

◇「いつか使える」情報のコーナー

■ 福本豊氏(野球解説者)について

阿部慎之助(巨人)の全力疾走姿を見て一言。「いっこも前に進んでへんがな」

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

あっという間に10月に突入しました。

NHKの大河ドラマ「天地人」では、関ヶ原の合戦が描かれましたが、最近では破れた西軍の人気が高まっています。

中でも地元福井県の、敦賀城主・大谷吉継の人気が増しているんだとか。嬉しい話です。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP