「包装資材」の歴史 「5」

==============================
国内最大の「保護包装ウエブサイト」
http://www.housougijutsu.net/

【包装技術ねっとのメールマガジン】
~知らないあなたは損していませんか?~             
==============================

平成21年3月5日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも豊ファインパック株式会社製品および「包装技術ねっと」を
ご愛用頂き、誠にありがとうございます。

問題解決に真剣に取り組んでいらっしゃる経営者様・技術開発担当者様・
資材購買担当者様のために月二回(5日・20日)お届けする保護包装の
メールマガジンです。

国内最大の保護包装サイト「包装技術ねっと」が
品質や製品保護を一層発展させる情報をご提供しております。

当メールマガジンから、全く得るものがないと思われる方に
つきましては、今後のメールマガジン発送は致しませんので、
大変恐れいりますが 
info@housougijutsu.net 
に「配信停止希望」とメールを送信ください。配信を停止します。

☆3/5 現在の読者数・3,740人


~目次~
1)  「包装資材」の歴史 「5」
2) 成功事例


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 ●「包装資材」の歴史 「5」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつて、大昔には、包装資材として動物の内臓が利用されていました。

中でも有名なのは「ソーセージ」です。

ご存知のように、ソーセージは、ひき肉を主原料として、それに
調味料などを加えて練り、腸、胃、食堂といった管状の臓器につめて、
燻したり加熱したり、乾燥させたものです。

このように臓器に詰めることを「ケーシング」と呼んでいます。
プラスチックフィルムがこのケーシング分野で力を発揮したのが、
「魚肉ソーセージのケーシング」です。

魚肉ソーセージは、戦前から開発されていましたが、太平洋戦争中は
魚原料の不足により、一旦は市場から姿を消しています。

しかし、その後、水産業界がマグロの加工に取り組むようになり、
再び魚肉ハムや魚肉ソーセージが見直されました。しかし、問題は、
魚肉ケーシングに適当な包装資材がないことでした。

そこで利用されることになったのが、すでに家庭用ラップフィルムと
して利用されていたポリ塩化ビニリデン製のフィルムです。

耐水性、耐油性、耐熱性に優れたポリ塩化ビニリデンフィルムは、
酸素や水分を通しにくいという性質もあって、一気に魚肉ソーセージの
包装用として広まり、同時に魚肉ソーセージの急速な消費増加を
促しました。

「プラスチックフィルムによるケーシング」は、その後、常温での
保存が可能な、他の包装食品の開発を開く役割を果たしたといわれて
います。

一時は、魚肉ソーセージのほか、豆腐もケーシングにより製造
されていました。袋状のフィルムに豆乳と凝固剤を詰めて密閉し、
加熱することにより、常温で一ヶ月保存できる丸型包装豆腐が
誕生しました。

しかし、現在では珍しくなくなった丸型豆腐ですが、当時は
斬新過ぎる形が、残念ながら市場に受け入れられず、
売上が芳しくなかったようで、姿を消すことになります。

しかし、、衛生的で日持ちする豆腐、しかも四角い豆腐への
要望は根強く、丸型包装豆腐の技術は、その後の四角い
トレーへの充填包装を実現した豆腐へと受け継がれるのでした。


ご意見をお待ちしております。
送り先はこちら

info@housougijutsu.net 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ● 成功事例をご紹介します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回は株式会社スポーツロジスティックスの長屋様の事例ご紹介します。

伝票や説明書を添付できる、デリバリーパックをお買い上げ
いただいております。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

>> 1)今回、弊社の商品をお買い上げいただいた訳ですが、
>>  当初、何かお困りの事があったのでしょうか?
>  答え)メーカーの取扱説明書をどうやって外箱に付けて店舗に送るか。
>
>> 2)いろいろなウェブサイト・企業がある中で、
>>  どうして当ウェブサイトからご購入いただいたのですか?
>
>
> 答え)たまたま、WEBサイトを検索中にヒットしたため、
> 他も比較しながら決定。
>
>   
>> 3)弊社の商品を実際に使用してみていかがでしたか?
>> 答え)特に問題になる点はなし。
>
>> 4)商品を知ってから注文するまでに何か躊躇することはありましたか?
> 答え)写真と実際に送られてくる商品と違う可能性がある。
>
>> 5)4)で躊躇することがあった方はどうやって解消されましたか?
> 答え)実際に購入して試すしか方法なし。
>
>> 6)購入する際、決め手になったのは何でしたか?
> 答え)サイズが取説のサイズに合致したため。
> 他のメーカーはサイズが合わなかった。
>


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

アンケートにお答えいただきましてありがとうございました。
写真と実物が違うかもしれないというご心配について、
当社の説明不足で、サンプルがご用意できる旨をお伝えせず、
ご迷惑お掛けしました。

ご利用にあたっては「特に問題なし」ということで、
大変喜んでおります。ありがとうございました。


ご紹介の商品ページはこちら
http://www.housougijutsu.net/product_uses/000103.html


============================

「いつか使える」はみ出し情報のコーナー

============================

■ 清水ミチコ さん(タレント) について

少女時代、授業中に「走れメロス」を感情を込めて
朗読したことで一躍人気者となる

※ウイキペディアより引用


------------------------------------------------------------

これまで発信させていただいた”包装技術ねっと”のメールマガジンの
過去の全バックナンバーがご覧になれるようになりました!

「包装資材」の情報、「ちょっと楽しめる」「ちょっと役に立つ」情報が
満載です。

「読み忘れたのがあるかも」
「そういや、あのメルマガに載ってた情報を使いたい」
「ちょっと時間が空いたから読んでみよう」

といった場合には是非バックナンバーをご参照ください。

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/

++++++++++++++++++++++++
▼編集後記
++++++++++++++++++++++++

徐々に経済に明るい兆しが見えてきているようです。
急激な回復とまではいかなくても、最悪の状況は
脱し始めているようですね。

おかげさまでお問合せも2月後半から急増しています。
ご期待に添えるようなご提案をさせていただけるよう
頑張ります。


ご意見お待ちしています
info@housougijutsu.net


------------------------------------------------------------

新サイトができあがりました!
ポリ袋・ビニール袋と保護包装技術についての
情報が日本で一番たくさん集まるサイトを目指して!
http://www.housougijutsu.net/

ポリ袋・ビニール袋など、フィルム製品のことなら
http://www.finepack.co.jp/

------------------------------------------------------------

~越前の美味をお届けいたします~
ふるさと越前便.com
http://www.echizenbin.com/

へしこ屋本舗.com
http://www.heshikoyahonpo.com/

------------------------------------------------------------

当メールマガジンは、高意識の経営者・技術開発・資材担当者の方に
月二回(5日、20日)お届けしております。

メールマガジンの配送を希望されない場合には、大変恐れいりますが
info@housougijutsu.net  
に「配信停止希望」とメールを送信ください。

------------------------------------------------------------

~「つつむ」から「まもる」へ~
製品保護用特殊包装資材製造

豊ファインパック株式会社
福井県越前市家久町31-11-2
TEL 0778-23-7733
FAX 0778-23-7734
E-MAIL info@housougijutsu.net
ホームページ http://www.housougijutsu.net/

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP