どうやって密閉するの?・ヒートシーラー

平成19年5月7日号 バックナンバー

☆5/7現在の読者数・2,532人

どうやって密閉するの?・ヒートシーラー

フィルムの袋を密閉するためには、原則として、「ヒートシール(熱シール)」という方法を採用します。フィルム表面にシールバー(棒状の熱体)により熱を加え、瞬間的に接着面同士を高温で溶かし、冷却します。

0.05ミリ程度の厚さのポリエチレンだと、200度前後で、剥がれにくいシール強度を得ることができます。

ラミネートフィルムなどのような複合フィルムや、アルミなどの厚手のフィルムをシールする場合には、さらに高い温度でのシールが必要になりますが、ヒートシーラーの温度は高低を調整できるため、1台のヒートシーラーがあれば、ほとんどの場合に対応できます。

では、ヒートシーラーはどのように選んだらよいのでしょう?まず、ヒートシーラー選びについて、チョイスに一番関わることといえば、「どんな幅の袋にシールしますか?」ということです。

当然のことですが、袋幅が500ミリの袋をシールする場合にはシールバーの幅は500ミリ以上の長さが必要になります。

逆に、100ミリ~200ミリ程度の小袋ばかり使用する場合には、長すぎるシールバーは必要ないことになります。

主に、このシールバーが長いほど、つまり、対応袋幅が広いシーラーほど、大型機になり、価格も高くなります。

また、「どれくらいの厚さのフィルムをシールするか」という点にも注意が必要です。

ポリエチレン単層であれば、0.12ミリ程度までは一般のシール機で大丈夫ですが、ラミネートフィルムや0.12ミリを越えるような厚手のフィルムをシールする場合には、シール温度、シール圧力を高めて設定できる機種が必要です。

また、シール方法ですが、ハンディタイプなどを中心に、「インパルスシール」という方法があり、シールバーを押し付けたときに瞬間的に電流を流して熱溶着する方法もあります。

この方法のよいところは、「安全性が高い」ということです。瞬間的なシールなので火傷の心配がありません。逆にデメリットは、一回ごとのシールに少し時間がかかり安いことと、価格が少し高めになることです。

最近の新商品では、クリーンルーム専用のシーラーが発売されるなど、ニーズに応じた製品がラインナップされています。

また、食品や電子部品を真空脱気包装(袋内の空気を抜いて包装する方法)する場合には、真空包装機を使用する必要があります。

真空包装機は、費用的には安いものでも15万円くらいはかかりますので、一般のシーラーと比べると高額になります。これは真空ポンプなどの部品を内臓しているなど、特別な仕様となっているからです。

価格は、真空脱気の能力(脱気スピード)やサイズ(大型のほうが高くなります)によって変わり、高額のものになると数百万円以上になることもございます。

袋を密封するための製品

「カーボンオフセット」って知ってますか?

eco.jpg

ある方から、「今年、流行語大賞になって欲しい言葉だ」ということで「カーボンオフセット」なる言葉を教えてもらいました。みなさんはもうご存知ですか?

この言葉、一回聞いただけでは、「なんのこっちゃ?」な感じなのですが、ウエブサイトなどで調べてみると、なかなか深い取り組みの上に成り立つ言葉のようなんです。

この場合の「カーボン」とは、生活で排出する「二酸化炭素(CO2)」のことを指し、「オフセット」とは、「排出した二酸化炭素を吸収する」という意味です。つまり、「カーボンオフセット」とは、日常排出する二酸化炭素を吸収する活動なんです。

ウエブサイトには、カーボンオフセットの具体的な方法としての植林などのほか、私たちが日常的に取り組める環境活動やCO2削減方法なんかも掲載されています。

環境影響項目の具体的な数字が掲載されていて、「え~?そんなに使ってるんだ!」という驚きもあります。

カーボンオフセットについての詳細:カーボン・トゥ・フォレスト(CTF)

成功事例をご紹介

今回の成功事例はイタリアンハウスグラッツェの澤田様です。「どこで購入したらよいかわからなかった」ということでインターネットからお問合せ頂きました。

ご購入いただいたのは、アルミのチャック付き袋です。

イタリアンハウスグラッツェの澤田です。秦様には大変お世話になり、見積もりの回答もサンプル品についても、すぐに対応していただきました。1箱のみの購入にも関わらず、本当に感謝しています。ありがとうございました。

下記4点について回答いたします。

1)今回、弊社の商品をお買い上げいただいた訳ですが、当初、何かお困りの事があったのでしょうか?

お客様から当店のソースをネットで販売してもらいたいという要望があり、ソースを入れる袋を探していました。今までに購入したことがなかったので、特に困っていたわけではありません。

2)弊社の商品を実際に使用してみていかがでしたか?

探していた通りの納得した商品が届いたので、満足しています。

3)商品を知ってから注文するまでに何か躊躇することはありましたか?

この商品と同時にシール機も探していたのですが、きちんと閉じることができるかという心配はありました。

4)購入する際、決め手になったのは何でしたか?

値段です。小ロットの発注だったので、値段が一番気になりました。以上です。今後ともよろしくお願いいたします。

澤田様はシールできるかどうかがご心配だったとのことですが、一般的な簡易シール機であれば密封することができますのでご安心ください。

今回ご購入頂いた製品

▼編集後記

ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?今朝から心機一転、お仕事モードで張り切っています。

先日、お客様とお話していたときの話ですが、当メルマガで「キッザニア」を初めて知ったということを伺いました。直接保護包装とは関連しない情報であっても、少しでもお客さんのお役に立てているようでしたら嬉しいですね。

購読希望の場合

現在の読者数:
こちらに配信先のメールアドレスを入力し、購読ボタンを押してください。

人気記事
関連記事
お問合わせ、御見積ご希望の方は、下の「お問合せ・見積依頼をする」ボタンをクリックしてください。 →お問合せ・見積依頼をする
PAGE TOP